水槽の水温を下げる方法【気化熱で冷却】

夏は水槽の水温を下げる必要があります。

ポイントは「水流」と「冷却ファン」と「エアレーション」です。

予算は全て合わせて5,500円ほど。※冷却ファンだけなら2,000円でOK

こちらのページでは水槽の水温を下げるのに必要な道具と手順を写真付きでご紹介。

また水槽の水温が下がる理由として「水槽における気化熱の仕組み」を掲載しています。

水槽の水温を下げる方法

それでは水槽の水温を下げる方法を紹介します。

水温を下げるのに必要な道具

水温計の写真水温計

1個

排水パイプ排水パイプ

1個

冷却ファンの写真冷却ファン

1個

以下、エアレーションに必要な道具

エアーポンプの写真エアーポンプ

1個

エアストーン

1個

エアチューブ

3メートルほど

逆流防止弁の写真逆流防止弁

1個

キスゴム

4個ほど

水温を下げるのに必要な予算

5,500円ほど

水温を下げる手順

まず水温を確認します。25℃を大きく上回る場合は、次の手順で水温を下げましょう。

STEP.1
部屋のエアコンをつける。

室内機

STEP.2
部屋のカーテンをしめて直射日光を防ぐ。

カーテンのある部屋

STEP.3
水槽のフタを外す。
STEP.4
リリィパイプで水流を水面に向ける。
STEP.5
冷却ファンを取り付けて電源をいれる。

冷却ファン

最後に水温を確認します。25℃前後になればOKです。

水槽の水温が下がる理由

なぜ水温が下がるのか見ていきましょう。

上記で紹介した方法は「気化熱を利用していること」がポイントです。

気化熱で冷えるから

気化熱とは「液体が気体になるのに必要な熱」のことです。ようするに「蒸発するのに必要な熱」です。

水槽も気化熱によって熱が奪われています。仕組みは次のとおりです。

水温が下げる仕組み

STEP.1
エアレーションなどで水面が揺れる。

STEP.2
水面の表面積が増えて蒸発しやすくなる。

STEP.3
蒸発するときに周辺の熱が奪われる。

STEP.4
水槽の水温が下がる。

まとめ

この記事では「水槽の水温を下げる方法」と「水温が下がる理由」を紹介しました。

水温を下げる方法は、夏を乗り切るために必要なテクニックです。ぜひともマスターしてくださいね。

以上、ご閲覧ありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020