かんたんな水草水槽の始め方

60cm水槽の苔対策ならヤマトヌマエビ10匹は必要か?!最適な数は…?

おつかれさまでございます。たわをです。


本日の水槽です。

あっ、そうなんです。見ての通り、水あわせ中、温度合わせ中です。昨日に引き続いてね。

今日は京都でも雪が降ってて、めちゃくちゃ寒かった!

アクアショップからの帰りは家に着くまでに、生体たちが死なないかと心配でした。

バスの中では手で体温を伝えながら、なんとか帰宅しましたよ。

60cm水槽の苔対策ならヤマトヌマエビ10匹は必要か?!最適な数は…?


ロターラたちの葉っぱについた苔。

この苔、水槽の立ち上げ初期からずっと居座っています。

写真の通り、緑色で、線のように細い姿です。触るとトロトロ。匂いは、そこそこドブっぽい匂いです。


この苔たちが発生したままでは、LEDの光りがさえぎられてしまって、ロターラの成長を防ぎかねない。

いやー困ったなー、、、

ということで、ヤマトヌマエビを5匹導入したのが、約1カ月半前くらいでした。


確かに、レイアウトの木化石についた苔などは全滅しました。

しかし、ロターラやモスについた苔はイマイチ減りません。1カ月半経った今も、苔の量はあまり変化してないです。

うーん。もしかして、エビ員不足?ちょっと古い話題で言うとワンオペ的なことになってる?


と言うわけで、アクアショップへ!


この開封の瞬間は、早く生体たちの状態を見たくて、興奮しているから、写真撮影が面倒になりますが。


ヤマトさん、おひさでーす!

ヤマトヌマエビ5匹目を購入してきました。

いま、水槽にはヤマトヌマエビが5匹住んでいますので、合計で10匹になります。


ユーチューブでもヤマトヌマエビ10匹で60cm水槽の苔を食べさせる動画があります。

また、アクアショップのチャームもヤマトヌマエビ10匹と貝のセットみたいなのを60cm水槽の苔対策セットみたいにしてます。

60cm水槽にはヤマトヌマエビ10匹がベストに近いのかもしれません。…いや、水草の量によるだろうけども!

ロターラの葉っぱの苔の途中経過をしていきますよ。本当に減るのかなぁ。不安。


ヤマトヌマエビの良いところは色々あるなぁと思いますよ。飼ってみて思ったのは下記。

  • 大きくて存在感がある→愛着
  • コケ取り能力が高そう。
  • 子供を産まない。

大きくて存在感があるってのは、意外と愛着がわいて良いもんです。おそらく多くの人にとっては、観賞用では無いヤマトさんだけど、私にとってはバリバリ観賞用なわけで。


尻尾の青い点×2個も可愛いよね。

今回、水あわせは低コストで、後片付け少なめになる方法やってみました。いわゆる点滴じゃありません。

また記事かきます。いやネタ切れじゃないよ。


京都は雪が積もっていまして。

せっかくなので、アクアショップの前に、金閣寺に行ってみました。雪化粧の金閣寺は初めてですよ。

ブータンの国王も、この雪化粧の金閣寺を見たのかなーとか思いつつ。


しっかし、すごい数の観光客でした。カップルや夫婦や学生さん、外国の方々、怪しい男女…などなど。

色んな人を引き寄せるようで。入場券を買うまでに30分かかってしまったなぁ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017