水槽のコケ取り生体、初心者におすすめ7選【貝・エビ・サカナ】

コケ取り生体を飼ってみませんか?

水槽のコケ除去は大変です。そこでコケ取り生体の出番です。初心者におすすめの生体を紹介します。

じゃあ、どのコケ取り生体を飼えばいいの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

MEMO
この記事は私の水槽の写真を掲載しています。

Point

  1. ガラス面のコケ対策:サザエ石巻貝・アマフネ貝・オトシンクルス
  2. 水中のコケ対策:ミナミヌマエビ・チェリーシュリンプ・ヤマトヌマエビ・サイアミーズフライングフォックス

ガラス面のコケ対策:貝

ガラス面のコケは2種類。茶ゴケ・スポットゴケですね。これらは貝が食べてくれます。

サザエ石巻貝

ガラス面に群がるサザエ石巻貝

サザエ石巻貝です。コケ取り生体の貝代表ですね。

貝殻がサザエのようにトゲがあるので、ひっくり返っても自力で立ち上がります。

60cm水槽であれば、10匹くらいがちょうどいい数ですね。

ただ産卵します。水槽にぽつぽつと卵を産みますね。少し気持ち悪いですが、スクレイパーで取り除けます。

サザエ石巻貝は、別記事でも解説しています。

ガラス面に張り付くサザエ石巻貝サザエ石巻貝の飼育方法

水質の変化にも結構強いイメージがありますね。

フネアマ貝

ガラス面を移動するフネアマ貝

フネアマ貝はコケ取り能力が最強です。

サザエ石巻貝よりも大きいです。ガラス面を縦横無尽に移動する姿は、まるで戦車です。

一方、コケ取り能力が高すぎて、一杯いれると餓死します。

60cm水槽なら4匹で十分すぎると思います。

水質の変化には弱いイメージです。私が飼っていた個体はリセットで元気がなくなりました。

オトシンクルス

オトシンクルス、サカナですね。

ガラス面の茶ゴケを主に食べてくれます。

60cm水槽なら3〜5匹ぐらいが目安ですね。

エビと違って、コケがなくなっても水草を食べないのが特徴です。

水中のコケ対策:エビ・サカナ

つづいて、水中のコケ対策です。糸状コケ・ヒゲ状コケですね。エビ・サカナが最適です。

ミナミヌマエビ・チェリーシュリンプ

貝に乗るチェリーシュリンプ

ミナミヌマエビ・チェリーシュリンプです。

コケ取り能力は弱めです。面白い特徴は「繁殖する」という点ですね。

水質を良くして、オス・メスを入れると、どんどん増えていきます。

60cm水槽では20匹くらいですかね。個体が増えても餓死することはないでしょう。

様々な色のチェリーシュリンプがいます。カラフルな水槽に出来ますよ。

レッドチェリーシュリンプについては、別記事で解説します。

レッドチェリーシュリンプの飼育と繁殖の方法

ヤマトヌマエビ

流木に乗るヤマトヌマエビ

コケ取り生体のド定番、ヤマトヌマエビです。

コケ取り能力が素晴らしいですね。がつがつ食べてくれます。

60cm水槽なら10匹で十分でしょうね。

水質の変化にも強いです。飼いやすいですね。

ヤマトヌマエビは別記事でも解説します。

60cm水槽のコケ対策に必要なヤマトヌマエビの数は?→結論:10匹

サイアミーズフライングフォックス

サイアミーズフライングフォックス、サカナですね。

特徴は「黒髭ゴケを食べてくれる」ですね。ヤマトヌマエビには出来ない芸当です。

60cm水槽なら1匹でも十分な力を持ってます。

まとめ

コケ取り生体を飼いたくなってきましたか?

コケ対策としてもペットとしてもコケ取り生体はオススメですよ。

ただ、藍藻・アオコは掃除するしかありません。

コケ掃除の記事もご用意しています。ぜひチェックしてください。

Point

  1. ガラス面のコケ対策:サザエ石巻貝・アマフネ貝・オトシンクルス
  2. 水中のコケ対策:ミナミヌマエビ・チェリーシュリンプ・ヤマトヌマエビ・サイアミーズフライングフォックス

Lastly

京都たわを

初めての生体は、コケ取り生体がおすすめ!

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

created by Rinker
¥1,200 (2020/09/14 01:43:05時点 Amazon調べ-詳細)

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020