水槽の立ち上げを早くする5つのコツ【本当に効くの?】

水槽の立ち上げを早く終わらせたい。何か良いやり方はないか?コツを教えてもらいたい

あなたの悩みにお答えします。

この記事の内容

  1. 水槽の立ち上げを早くするには?
  2. 厳選した5つのコツをご紹介

私はアクアリウム歴3年。水槽の立ち上げ×1回、リセット×4回を経験。

水槽をそれなりに理解している中堅アクアリストです。

みなさん。

水槽立ち上げてますか?

水槽の立ち上げは、だいたい1ヶ月かかります。立ち上げから生体の初投入までで2週間です

「アクアリウム始めたい」と、水槽を立ち上げてから生体を入れるまでに2週間。。短いといえば短く、長いといえば長い期間です

この期間を少しでも短くできるなら嬉しい。

そんな初心者アクアリストのために、今回、水槽の立ち上げを早くすることが出来るのか、私なりに考察しました。

結論、、水槽の立ち上げを早くするコツはあるにはあるが、焦らずに立ち上げることを推奨します。

というのが私の意見です。

ぜひ最後までお付き合い下さい。

水槽の立ち上げを早くするには?

“水槽の立ち上げを早くする”とは、水中で発生するアンモニアを自然に消滅させる仕組みを、水槽に早く作りあげることです。

たくさんのアクアリストが色んなコツを実践して、アクアメーカーが様々なアイテムを発売しているわけですが、、

そこには2つの考え方があります。

下記の通りです。

  • アンモニアを吸収する
  • アンモニアを分解する

それぞれ解説していきます。

MEMO
アンモニアは猛毒。生体のフンやエサ、水草の枯れ葉、ソイルから発生します。全てのアクアリストが避けて通れないものです

アンモニアを吸収する

1つ目の考え方。

アンモニアを吸収する。

何かにアンモニアを吸わさせて、水中のアンモニアをなくそうとする考え方です。

水槽を部屋とします。アンモニアは部屋のホコリです。毎日発生します

この部屋にロボット掃除機を入れて、毎日自動でキレイにしましょう。という発想です

アンモニアを吸収する何か。

たとえば、このようなものです。

  • 吸着系ソイル
  • 大量の水草

水槽に上記を放り込んでおくだけ。。

立ち上げ初日からアンモニアの量を抑えられます。結果、生体を入れるまでの期間は縮まります

アンモニア分解する

2つ目の考え方。

アンモニアを分解する。

バクテリアにアンモニアを分解させて、硝酸塩に変えることで、水中のアンモニアをなくそうとする考え方です。

ふたたび水槽を部屋とします。アンモニアはホコリです。

この部屋にホコリを食べる人(元ネタは中川家)を住ませます。この人が、バクテリアです

バクテリアを爆速で増やし、水槽の立ち上げを早く完了させるのが狙いとなります。

厳選した5つのコツをご紹介

厳選した5つのコツをご紹介

2つの考え方を知ってもらいました。

そろそろ本題である”水槽を早く立ち上げるコツ”をご紹介していきたいと思います。

今回、アクアリウム歴3年の私が「コレは」と思ったコツを5つご用意しております。

お品書きは下記です。

※難易度の低いコツから順にソート

  1. エアレーションする
  2. 水草をたくさん入れる
  3. バクテリア剤を使う
  4. 吸着系ソイルを使う
  5. 種水を入れる

エアレーションする

エアレーションでアンモニアを分解する力を高めることが出来ます。

水中に空気を送り込むことで、酸欠で死ぬバクテリアを減らせるからです。

とくに水草レイアウト水槽は夜間エアレーションが効果的。水草が光合成していない時間の酸素の供給元となります

エアレーションに必要なアイテムは下記。

  • エアポンプ
  • チューブ
  • エアストーン

全てアクアリウムに必須のアイテムです。

新たにアイテムを買わなくても、始められるのもエアレーションの嬉しいところ。

水作 水心SSPP-3S
created by Rinker

水草をたくさん入れる

水草をたくさん入れるとアンモニアの発生を抑えられます。

水草がアンモニアを栄養として吸収してくれるからです。

有茎草や浮き草のような、栄養をたくさん必要とする水草を入れるとGOODです。アンモニア をがんがん吸い取ってくれます

立ち上げ日に育てたい水草はまとめて入れましょう。予算と相談して。。

水草を何個も買うとなると、知らず知らずのうちにお値段が上がっていきますよ。

(水草)グリーンロタラ(無農薬)(20本)
created by Rinker

バクテリア剤を使う

バクテリア剤を入れると、水中のアンモニアを分解する力が強まります。

バクテリア剤によりバクテリアが増えるからです。

ただし過信は禁物です。

あくまでも、おまじない。。

シマテック PSB 水質浄化栄養細菌 1000mL
created by Rinker

吸着系ソイルを使う

吸着系ソイルを使うと水中のアンモニアを吸着してくれます。

水槽立ち上げ初日からアンモニアが減っていきます。水槽立ち上げの翌日に生体を入れても☆にならないとか

ほんまかいな、、という感じですが。

JUN プラチナソイル パウダー 8L
created by Rinker

同じような空気感を出しているアイテムが活性炭。でも、役割が全然ちゃいます

活性炭は臭いと黄ばみに効果的。

ただしアンモニアは吸着しない。つまり活性炭を入れても、立ち上げを早くするとはいえません

注意
吸着系ソイルでアンモニアは減らせられる。だがバクテリアは増えたわけではない。

生体を早くに入れてアンモニアが増えると、吸着系ソイルのみでは処理しきれない。水槽リセットとなる可能性も。。

種水を入れる

種水(バクテリアが定着した水)を入れると、アンモニアを強く分解できる水を作れます。

大量の生きた濾過バクテリアを投入できるからです。いきなり即戦力をゲットだぜというわけ

これはリセットでの常套手段です。リセット前の水槽の水を残しといて、リセット後に入れると。。

水槽の立ち上げでは種水はありません。誰かから貰うしかないです

塩や味噌を近所の知り合いに借りるのも厳しい昨今。。種水を貰うのはハードル高めです

まとめ

この記事のまとめです。

  • 水槽を早く立ち上げるには2つの考え方がある
  • アンモニアを吸収させるか、分解させるか、である。
  • この考え方に沿って5つのコツがある
  • 吸着系ソイルと水草にアンモニアを吸収させる
  • エアレーションとバクテリア剤と種水で、バクテリアを増やして、アンモニアを分解させる

この記事以外にも水槽立ち上げの記事をご用意しています。

水槽の立ち上げ期間にやるべき事を解説【失敗しないアクアリウム】水槽の立ち上げを早くする5つのコツ【本当に効くの?】水槽立ち上げでの水換えを簡単に解説【やり方・頻度】

SNSも更新中。どうぞフォローお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019