信憑性と信頼性の違いとは?【メディアリテラシーとは】

メディアリテラシー」をすこしだけ意識してみましょう。

メディアリテラシー」が身につけば、情報を活用しやすくなります。

今回は、情報の「信憑性」と「信頼性」の違いを紹介します。

それでは、見ていきましょう!

「メディアリテラシー」とは?

メディアリテラシーを身に着けよう

それではメディアリテラシーを紹介しましょう。

ポイント

  • メディアリテラシー・・・情報を読み解く力
  • 情報の信憑性・・・発信された時点での情報の正しさ
  • 情報の信頼性・・・発信から伝達までの情報の精度

メディアリテラシーとは「情報を読み解く力」

メディアリテラシーとは「情報を読み解く力」です。つまり、「メディアから信じてよい情報を選択できる能力」です。

たとえば、このブログ記事に書いてあることは信じてよいのか?信じてはいけないのか?

「情報を読み解く能力」を身につけないと、嘘の情報に振り回されます。

情報の信憑性とは「発信された時点での情報の正しさ」

情報の信憑性とは「発信された時点での情報の正しさ」です。

信憑性落ちるのは、発信者が正しくない情報を発信するケースです。

正しくない情報を流すことを、このように呼びます。

  • 誤報
  • 偏向報道
  • デマ

最近注目なのは、SNSのデマです。

「トイレットペーパーが品切れになる」や「動物園からライオンが逃げた」などのデマが広く流れたことがあります。

情報の信頼性とは「発信から伝達までの情報の精度」

情報の信頼性とは「発信から伝達までの情報の精度」です。

信頼性が落ちるのは、不慮の事故で情報の中身が変わってしまうケースです。次のとおりです。

  • 不正アクセス
  • 故障

伝言ゲームでみてみる

伝後ゲームで考えてみましょう。

1人目にお題が出されて、2人目・3人目へと伝えるゲームです。

信憑性が低いとは、1人目が間違うこと。

信頼性が低いとは、2人目以降が間違うこと。

さいごに

メディアリテラシーはどんなものかを解説しました。メディアリテラシーとは「情報を読み解く力」。

情報の信憑性とは「発信された時点での情報の正しさ」。情報の信頼性とは「発信から伝達までの情報の精度」です。

メディアリテラシーを身に着けて、情報社会をサバイブしていきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020