水槽のバックスクリーンの貼り方【メリット】

この記事では「水槽のバックスクリーン」について解説します。

バックスクリーンは「水槽の背景に貼るシート」です。水槽の立ち上げを考えている初心者の方だと『バックスクリーンって必要なの?』と思っている方もいますよね。

結論から言うと、次のとおりです。

なんでも良いのでバックスクリーンを貼ろうーー

というわけで、水槽のバックスクリーンを貼るメリットを解説していきましょう。

MEMO
この記事は私の水槽の写真を掲載しています。

Point

  1. バックスクリーンとは?(どこ・なに)
  2. バックスクリーンを貼るメリット(なぜ)
  3. バックスクリーンの貼り方(どのように・だれが・いつ)

バックスクリーンとは?

バックスクリーンとは、水槽のガラス面外側に貼るシートのことです。

見た目はシートです。そのまんまです。貼っていないと次のような感じになりますね。

バックスクリーンを貼る前

バックスクリーンを貼る前に水槽

バックスクリーンを貼った後

バックスクリーンを貼ったあとの水槽

当たり前ですが、バックスクリーンを貼ると水槽奥の壁が見えなくなります。

バックスクリーンは黒と青の2色が主流ですね。また柄入りのバックスクリーンもあります。

バックスクリーンを貼るメリット

バックスクリーンを貼るメリットはいくつかあります。

  • アクア用品を目立たなくする
  • 水景に奥行が出る。
  • 生体のストレス予防となる

アクア用品とは、たとえば外部フィルターの吸水口・排水口など。あるいはヒーターなど。

バックスクリーンが無い状態では丸見えですが、バックスクリーンを貼ると目立たなくなります。

またレイアウト素材がくっきりと見えるようになります。よって水景に奥行が出ますね。

水草のカラーも分かりやすくなります。

さらに生体のストレス防止です。バックスクリーンは光をさえぎるので、生体の隠れ家のような役割を果たします。

結果として、生体のストレスを防止できます。

つまりバックスクリーンは必ず貼ったほうがお得ですね。

バックスクリーンの貼り方

水槽立ち上げ前に自分で水槽にバックスクリーンを貼り付けます。

カッターの刃でガラス面のホコリを取るのがポイントです。

STEP.1
水槽を床におく。
STEP.2
カッターの歯を取り出して横向けに持つ。

カッターの刃の背をガラス面に沿わせて、ゴミを除去する。

STEP.3
霧吹きに水と少量の中性洗剤を入れ、ガラス面に噴射する。
STEP.4
バックスクリーンを貼り、バックスクリーンと水槽の間の水を定規で抜く。
STEP.5
はみ出たバックスクリーンをカッターで切り落とす。

こんな感じです。バックスクリーンには糊がついている物と、ついていない物があります。

糊が付いていない物は水槽の大きさに切ってテープで水槽に固定します。

まとめ

バックスクリーンを貼りたくなってきましたか?

バックスクリーンを貼ると良いことが多いですよ。

また立ち上げ道具の記事もご用意しています。ぜひチェックしてください。

Point

  1. バックスクリーンとは?
  2. バックスクリーンを貼るメリット
  3. バックスクリーンの貼り方

Lastly

京都たわを

バックスクリーンを貼っていこう

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

created by Rinker
¥1,760 (2020/10/31 06:21:29時点 Amazon調べ-詳細)

ご閲覧ありがとうございました!