コンピュータを構成する装置名とは?【ハードウェアとソフトウェア】

コンピュータを構成する装置名が分からない。わかりやすく整理して、教えてほしい

あなたの悩みにお答えします。

この記事の内容

  1. コンピュータを構成する装置名
  2. コンピュータを動かすソフトウェア

私はメーカー勤務11年。ある大手メーカーのSCM部門でデータ分析を担当しています

今回は情報機器のおさらい、、

高校の教科書である【社会と情報】を使って、コンピュータを構成する装置について整理します。

ぜひ最後までお付き合いください。

コンピュータを構成する装置とは?

コンピュータを構成する装置とは?

情報を収集・処理・伝達する機器を情報機器といいます。コンピュータやスマホなどです

情報機器は小型化(ダウンサイジング)が進んでいます。

またマイクロプロセッサ(MPU)は高性能になり、ますます処理速度が向上しています。

MEMO
マイクロプロセッサとはコンピュータやスマホの脳にあたる部品

コンピュータがどう動いているのか?知って損はないでしょう。

ハードウェアとソフトウェア

機械そのもの(ハードウェア)を、プログラムやデータ(ソフトウェア)が動かしているのが情報機器です。

装置とはハードウェアの話ですよってことです。

コンピュータの基本構成

コンピュータの基本構成は上のとおり。

5つの装置からなってます。

人間と比較しながら解説してみます。

CPU

CPU=脳。

身体の各部分に指示を出したり、考えたりする役割です。

制御装置と演算装置からなります。

下記のとおり。

  • その他の装置に命令を出す
  • データを使って計算する

入力装置

入力装置=耳や目。

いろんな情報を脳にインプットする役割です。

キーボード・マウスです。

下記のとおり。

  • データを入力する
  • プログラムを入力する
MEMO
データとは文字・数値・画像・音声など。

出力装置

出力装置=手や口。

脳の指示にもとづいて、話したり書いたりする機能です。

下記のとおり。

  • 画面(ディスプレイ)に表示する
  • プリンタで印刷する

主記憶装置(メインメモリ)

主記憶装置=机の上

CPUが作業するために、データを一時的に置くことができる場所です。広ければ広いほど、同時に作業できます

情報を記憶する役割をもち、CPUと直接やりとりができます。

補助記憶装置

補助記憶装置=引き出しにしまったノート。

必要に応じて情報を取り出せるように、記憶することができるア場所です。

具体的にはハードディスク・SSDになります。

主記憶装置と違って、CPUと直接やりとりできません。ただし膨大な量のデータを保存できます

コンピュータを動かすソフトウェア

コンピュータを動かすにはソフトウェアが必要です。ハードウェアだけではコンピュータは動きません

ソフトウェアにも種類があります。OSがハードウェアの上に乗っていて、OSの上でアプリが動いています

イメージはこのようになります。

OS(オペレーティングシステム)

OSとはコンピュータのすべての機能を利用しやすくするソフトウェアです。

基本ソフトウェアといいます。

次のような操作はOSがあるからできることです。

  • マウスを動かす
  • 文字を入力し表示する
  • メモリの使用状況を管理する

ほとんどのOSは、コンピュータの画面上にアイコンを表示します。アイコンをクリック(タップ)するとアプリが立ち上がる仕組みです

このようにコンピュータの操作をアイコンや画像で表すインターフェースを、GUIといいます。

OSは次のようなものがあります。

  • Windows
  • Linux
  • iOS
  • AndroidOS
MEMO
GUIはgraphical user interfaceの略。グイとかグーイとかいう

アプリ(アプリケーションソフトウェア)

OSの上で動くものがアプリです。

またの名を応用ソフトウェアといいます。

アプリとは、、ゲームやメモ帳など。コンピュータやスマホで作業をするためのソフトウェアです

たとえば次のようなものがアプリです。

  • Excel
  • Word
  • PowerPoint
  • Google Chrome
  • Internet Explorer

まとめ

この記事のまとめです。

  • コンピュータはハードウェアとソフトウェアからなる
  • ハードウェアはCPU・入力装置・出力装置・主記憶装置・補助記憶装置からなる
  • ソフトウェアにはOSとアプリがある
  • OSがないと何も動かない

この記事以外にも社会と情報の記事をご用意しています。

SNSも更新中。どうぞフォローお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019