情報メディアとは何か?【方向・コスト・範囲】

テレビを見る子供

情報メディアとは何か?」をすこしだけ意識してみましょう。

情報メディア」を正しく分かれば、情報の発信が上手になります。

こちらのページでは「情報メディアとは何か?」を紹介します。

さらに、情報メディアの「方向・コスト・範囲」について掲載します。

それでは、見ていきましょう!

「情報メディア」はどんなもの?

テレビを見る子供

さて「情報メディア」について説明します。

ポイント

  1. 情報メディアには、一方向・双方向がある
  2. 情報メディアは、コストがかかる
  3. 情報メディアには、範囲の広さがある

情報メディアとは「情報を伝える仕組み」

情報メディアとは「情報を伝える仕組み」です。具体例は次のとおりです。

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌
  • ホームページ
  • SNS
  • 電子メール

情報メディアには、一方向・双方向がある

情報メディアの方向とは、情報の向きです。2つの方向があります。

  • 一方向
  • 双方向

一方向とは、情報が発信者から受信者へ行ったきりです。

双方向とは、情報が発信者と受信者を行ったり来たりします。

一方向の情報メディア

一方向の情報メディアとは、私たちが相手に感想を伝えることができないものです。

  • 新聞
  • 雑誌
  • ラジオ
  • テレビ

新聞社・出版社・放送局はマスメディアといいます。マスメディアは、一方向の情報メディアです。

双方向の情報メディア

双方向の情報メディアとは、私たちが自由にコメントできるものです。

  • SNS
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

インターネットは、受信者と発信者を繋げています。

情報メディアは、コストがかかる

情報メディアを利用するには、お金がかかります。つまり、情報を発信するにはお金がかかります。

マスメディアは多くの人に情報を伝えられます。ただし、マスメディアを利用するには多くのお金が必要です。

一方で、SNSは無料で利用可能です。バズると最強です。マスメディア以上に多くの人に情報を伝えられます。

情報メディアには、範囲の広さがある

情報メディアは、「コストが高いメディアの範囲は広く、コストが低いメディアの範囲は狭い」が一般的です。

たとえば、テレビや新聞は効果の範囲が広いです。

一方で、チラシや看板などはコストは安いです。ただ、近隣の人にしか効果がありません。

けれども、インターネットの登場で全てが変わりました。

インターネットなら、コストが安く範囲も広い情報メディアが作れます。

インターネットなら、日本国内だけでなく、海外へむけて情報を発信することも出来ます。

さいごに

情報メディアとはなにか?」を解説しました。情報メディアには、一方向・双方向があります。

また、コストがかかります。範囲の広さも種類によって変わります。

情報メディアを上手く活用して、情報社会をサバイブしていきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020