表現メディアの種類とは?【文字・図形・音声・静止画・動画】

踊る女性の動画

表現メディアの種類」をすこしだけ意識してみましょう。

表現メディア」を正しく分かれば、情報のやりとりが上手になります。

こちらのページでは「表現メディアの種類」を紹介します。

さらに、3つのメディアである「文字・図形・音声・静止画・動画」について掲載します。

それでは、見ていきましょう!

「表現メディア」はどんなもの?

踊る女性の動画

さて「表現メディア」について説明します。

ポイント

  • 情報メディア・・・情報を伝える仕組み
  • 表現メディア・・・情報を表現する手段
  • 伝達メディア・・・情報を記録する物体

表現メディアとは「情報を表現する手段」

表現メディアとは「情報を表現する手段」です。具体例は、下記のとおりです。

  • 文字
  • 図形
  • 音声
  • 静止画
  • 動画

それぞれの表現メディアには特徴があります。

文字は「詳しく具体的に伝えられる」

文字は「詳しく具体的に伝えられる」が特徴です。

たとえば、文字があるから人と会うことが出来ます。場所と時間は文字で伝えますので。

ただ、文字のデメリット読むスキルが必要ということです。たとえば、英語のスキルがなければ英文は読めませんね。

図形は「簡潔に伝えられる」

図形は「簡潔に伝えられる」が特徴です。言葉で伝えづらい「イメージ」を伝えられます。

会議などでホワイトボードが活躍するのは「図形を描けるから」です。

音声は「複数の人に伝えられる」

音声は「複数の人に伝えられる」が特徴です。同時に情報を伝えられます

  • 救急車のサイレン
  • 学校のキーンコーンカーンコーン

このように、一斉にお知らせを伝えるときに音声は便利です。

また、声や音楽は受け手の気分を変えるという特性もあります。

ただ、音声は再生時間があります。ずっとメッセージを残すことは出来ません。

静止画と動画は「圧倒的な情報量」

静止画と動画は「圧倒的な情報量」が特徴です。つまり、臨場感を伝えられます。

静止画や動画を使うと、色彩や奥行きなどを相手に伝えられます。

ただ、動画にも再生時間があります。ずっとメッセージを残すことは出来ません。

さいごに

「表現メディアとはなにか?」を解説しました。

文字・図形・音声・静止画・動画」には特徴があります。

表現メディアを使い分けて、情報社会をサバイブしていきましょう。