情報の3つの特徴とは?【残存性・複製性・伝搬性】

情報の特徴とは何か?」をすこしだけ意識してみましょう。

情報の特徴」を正しく分かれば、情報を理解しやすくなります。

こちらのページでは「情報の特徴とは何か?」を紹介します。

さらに、情報の「残存性・複製性・伝搬性」について掲載します。

それでは、見ていきましょう!

「情報の特徴」はどんなもの?

情報交換を行う人々

さて「情報の特徴」について説明します。

ポイント

  • 残存性・・・使っても無くならない
  • 複製性・・・簡単にコピーできる
  • 伝搬性・・・人々に広まりやすい

残存性とは「使っても無くならないこと」

残存性とは、情報は使っても無くならないという事です。

  • りんごは甘い
  • りんごは赤い
  • りんごは丸い

上記は、りんごの情報です。これらの情報は、読み聞きしても無くなりません。

すこし分かりづらい方向けに「使ったらなくなる物」を紹介します。

  • 「トイレットペーパー」・・・使ったら捨てる
  • 「りんご」・・・食べたらなくなる
  • 「えんぴつ」・・・書いたら短くなる

複製性とは「簡単にコピーできること」

複製性とは、情報は簡単に複製できるという事です。つまり、コピペ。

  • 旅先で撮影した写真をコピーする
  • wikiをコピペしてレポートを作る

このように情報は容易くコピーして使う事ができます。

すこし分かりづらい方向けに「簡単にコピーできない物」を紹介します。

  • 一流の職人が作った陶器
  • 内部構造が複雑なマシン

ただ、これらの物も3Dプリンタや機械学習の発展により、簡単にコピーできる時代がすぐそこに来ています。

伝搬性とは「人々に広まりやすいこと」

伝搬性とは、情報はすぐに人々に広まるという事です。

情報は物ではないため、簡単に送受信できます。よって、人々に広まりやすいわけです。

  • 電子メール
  • メーリングリスト
  • Webページ
  • 電子掲示板(BBS)
  • チャット
  • ブログ
  • SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)

上記のツールなどで、情報は広まっていきます。

さいごに

「情報の特徴とはなにか?」を解説しました。情報の特徴は3つあります。

残存性」は、使っても無くならないこと。「複製性」は、簡単にコピーできること。

伝搬性」は、人々に広まりやすいことです。情報の特徴を理解して、情報社会をサバイブしていきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020