ポットで購入した水草の根に絡まったウールの処理方法

ポット状態で購入しました。

結論!

  1. ポットで購入した水草はウールを根ごとばっさり切る
  2. まずは流水にさらしながらウールを取り除く
  3. 最後は根ごとウールを切り落とす

“水草その前に”に浸かっているアヌビアスナナ・プチです。

さて、”水草その前に”から取り出したら、ウールを取り外して行こうと思います。

ウールてのは、根を包んでいるスポンジ⁇または綿⁇です。

ポットで購入した水草はウールを根ごとばっさり切る

ウールは綺麗に取り除きたい

ウールに肥料が残留していたら最悪ですからね。

カビ発生、水質の富栄養化で藻発生、虫発生…


だから、完全にウールを取り除きたい!

てか、ウールを取らないと、流木や石に活着出来ませんしね。

前回、ミクロソリウムをポットで買った時もウールを取り外す作業をしました。

根とウールが、がっちり絡み合ってて大変なんですよねー。

流水にさらしながらウールを取り除く。


まず、根をはっていないウールをとりのぞきます。

この部分はポロリと外れます。

肝心の根が張った部分のウールは、ほとんどとれてません。

本能的に、水道水をお湯にしようとして、ナナ・プチの湯引きを作りかけました💦

ピンセットで根の間のウールも取り除いていきます。

最後は根ごとウールを切り落とす

結局、最後は根ごと切り落としました

アヌビアスナナとナナ・ゴールデンの流木活着タイプも、同時にチャームで購入していたのですが、

それが根の部分を切った状態で流木に括りつけられていたんですよ。

てことは、問題ないんじゃ?

右がチャームが括り付けたアヌビアスナナで、

左が私が括り付けたアヌビアスナナ・プチです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2019