水草を活着する方法【モス・ポット入り】

水草をレイアウト素材に活着させてみよう。

こちらのページでは「水草を活着する方法」を紹介。

初心者向けに【糸で巻きつける方法】と【ビニタイで巻きつける方法】を掲載しています。

それでは見ていきましょう。

水草を活着する方法

ミクロソリウムとアヌビアスナナを活着させた流木レイアウト

水草を活着するためのアイテムは2つあります。

  1. ビニタイ

ウィローモスは糸で巻きつける。アヌビアスナナやシダ類などはビニタイで括りつけるのが、王道です。

糸で巻きつける方法

ウィローモスは糸で巻きつけます。

必要な道具

  • ウィローモス
  • レイアウト素材
  • 糸(木綿糸)

活着の手順

それではウィローモスを活着する方法を見ていきましょう。

STEP.1
ウィローモスを小さなサイズにする。

ちぎったウィローモス

STEP.2
ウィローモスが重ならないようにレイアウト素材に貼りつける。

ウィローモスを貼った流木

STEP.3
約5mm間隔で糸で巻いていく。

ウィローモスを流木に巻いていく

STEP.4
糸を巻き終わったら結ぶ。

ウィローモスを巻き終わった流木

STEP.8
レイアウト素材からはみ出たウィローモスは切る。

ウィローモスを巻き終えた流木

以上で、ウィローモスの巻きつけは完了です。水槽に投入できます。

糸は1ヶ月ほどで溶けてなくなります。モスは1ヶ月ほどで活着します。

ウィローモスの育て方は別ページでご紹介します。

ウィローモスの育て方【活着の手順・トリミング方法】

ビニタイで括りつける方法

アヌビアスナナやシダ類はビニタイで括りつけます。

必要な道具

  • 水草
  • レイアウト素材(流木・石)
  • ビニールタイ
  • 霧吹き

活着の手順

それでは水草を活着させる手順を解説しましょう。

STEP.1
水草をポットから取り出す。

STEP.2
根に絡まったウールはピンセットなど使って取り除く。

STEP.3
ウールを取り除けない場合は根ごと切る。

STEP.4
レイアウト素材に水草を押しあてながら、ビニタイで括り付ける。

以上で、水草の活着は完了です。水槽に投入できます。

大体1ヶ月ほどで活着します。水草が活着したらビニタイを外してOKです。

アヌビアスナナとミクロソリウムの育て方は別ページでご紹介します。

アヌビアスナナの育て方【活着の手順・トリミング方法】 ミクロソリウム・ナローリーフミクロソリウムの育て方【活着の手順・トリミング方法】

ポット入り水草の処理方法

ポット入り水草とは?

ポット入り水草とは、ポットに入った状態の水草のことです。

ショップで売られている姿です。根がポットに入っていることが多いです。

ポット入り水草とは?

このような見た目です。アヌビアスナナプチのポット入りです。

注意点は「このまま水槽に投入しない」ということです。ポットから取り出して投入します。

ポットに水草が入っているので、水槽で浮かないし、束になって売るのには便利です。

ポット入り水草を投入する手順

ポット入り水草はポットから取り出して投入します。

ポットから取り出すと、このようになっています。

ポット入り水草を投入する手順

まーこのままでは投入できないですね。ここからウールを取り除いていきます。

ポットから取り出すのは、スポッと簡単に出来ますよ。

ポット入り水草のウールの取り除き方

ポット入り水草のウールは絡まっていると取りづらいです。

ウールを取り除くのに便利だと思うのは、ピンセットですね。植栽用のピンセットで構いません。

このように取り除きます。ただ綺麗に取り除けない場合は、切ってしまっても大丈夫ですね。(アヌビアスナナは)

根ごと切ってしまえば、ウールを取り除く必要はなくなります。。

さいごに

水草を活着する方法を解説しました。水草の活着は、水草水槽を立ち上げるなら必ず通る道です。

流木や石に水草を活着させて、ステキな水景を作っていきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020