直喩と隠喩の違いとは?【サラッと分かる】

詩の「表現技法」をすこしだけ意識してみましょう。

詩の「表現技法」が正しく分かれば、内容もつかみやすくなります。

まずは、比喩表現です

直喩」と「隠喩」の違いを紹介します。

それでは、見ていきましょう!

「直喩と隠喩の違い」とは?

直喩の例文を作りたい猫

それでは直喩と隠喩の違いを紹介しましょう。

目印は「直接的な言葉」です。「まるで」や「みたいな」などの言葉です。

直接的な言葉」があれば直喩、なければ隠喩です。

ポイント

  • 直喩・・・直接的な言葉で例える表現技法
  • 隠喩・・・直接的な言葉を使わずに例える表現技法

「直喩」はどんなもの?

直喩は「例える表現技法」です。明喩シミリーとも呼びます。

直喩のポイントは直接的な言葉を使う点です。たとえば次のような言葉です。

  • まるで〜ような
  • 〜みたいな
  • 〜のようだ
  • 〜のごとし
  • 〜に似たり

というわけで、直喩は最もシンプルな表現技法です。

例文

知識は水のように大事なものだ。

直喩とは何か?【例文でスッと分かる】

「隠喩」はどんなもの?

隠喩は「間接的な言葉を使わずに例える表現技法」です。暗喩メタファーとも呼びます。

隠喩は言い切るかたちです。次のようなかたちです。

  • ◯◯は△△だ

というわけで、隠喩には目印がありません。文の中に隠れた表現技法です。

例文

知識は水だ。

隠喩とは何か?【例文でサッと分かる】

さいごに

直喩」と「隠喩」の違いを解説しました。直喩は「直接的な言葉を使って例える表現技法」です。

隠喩は「直接的な言葉を使わずに例える表現技法」です。目印をさがして見分けてみましょう!