比喩表現とは何か?【直喩と隠喩の違いを分かりやすく解説します】

休日コピーライターの京都たわをです。

比喩表現を使ってみませんか?

比喩表現とは「何かを何かに例えて言い表す表現技法」です。直喩と隠喩の2種類があります。どちらも詩の技法です。

じゃあ比喩表現って何なの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

Point

  1. 直喩と隠喩の違いとは?
  2. 直喩とは何か?
  3. 隠喩とは何か?

比喩表現とは何か?

比喩表現を理解した猫

それでは比喩の例文で「直喩と隠喩の違い」を見ていきましょう。

直喩と隠喩の違いとは?

直喩は「ような」などの言葉を使った例えで、隠喩は「ような」などの言葉を使わない例えです。

さっそく例文を見てみましょう。まずは直喩を使った文です。

直喩の例文

  • 雨がまるでシャワーのようだ。
  • ドラゴンフルーツの食感はキウイみたいだ。
  • 満員電車はサウナのようだ。
  • 果物みたいな匂いがする石けんだ。
  • 僕は天国にいるような気分だ。
  • 犬は人みたいに振る舞うことがある。
  • 父は鬼のように笑う。

こういう感じです。次の例文は隠喩を使った文になります。

隠喩の例文

  • 雨はシャワーだ
  • 満員電車はサウナだ
  • 石けんは果物だ
  • 犬は人だ
  • 父は王様だ

こういう感じです。

直喩は隠喩に比べて分かりやすいです。逆に、隠喩は直喩に比べて深い世界観がありますね。

直喩とは何か?

直喩とは、「ような」などの言葉を使って、何かを何かに例える表現技法です。明喩・シミリーとも言います。

次のような言葉が入っていれば直喩です。

  • まるで
  • ようだ・みたいだ
  • ような・みたいな
  • ように・みたいに
  • ごとし
  • 似たり

直喩の効果は、物ごとを分かりやすく説明できることです。

詳しくは別記事で解説しています。是非チェックください。

直喩とは何か?【例文で簡単に分かるように解説します】

隠喩とは何か?

隠喩とは、「ような」などの言葉を使わずに、何かを何かに例える表現技法です。別の言い方では「暗喩」や「メタファー」と言います。

隠喩の特徴は「ぱっと見では比喩だと分からない」ということです。まさに文の中にひっそりと「隠れている」比喩なんですね。

隠喩を使った文には型があります。

「◯は△だ」のように言い切る型ですね。

詳しくは別記事で解説しています。是非チェックください。

隠喩とは何か?【例文で簡単に分かるように解説します】

まとめ

比喩表現について理解できましたか?

直喩と隠喩を使い分けられるようになったらレトリシャンですよ。

また詩の種類の記事もご用意しています。ぜひチェックしてください。

詩の種類を簡単に解説します→内容・文体・形式で分類する

Point

  1. 直喩と隠喩の違いとは?
  2. 直喩とは何か?
  3. 隠喩とは何か?

Lastly

がんがん例えていこう

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020