詩の種類を簡単に解説します→内容・文体・形式で分類する

詩の「種類」を意識してみましょう。

詩の「種類」が正しく分かれば、内容もつかみやすくなります。

ポイントは3つ。内容・文体・形式です。

こちらのページでは、詩の種類を紹介。

詩の種類を見分ける方法を掲載しています。

それでは、見ていきましょう!

詩の種類とは?

詩の種類が分からない猫

まず詩の種類について解説します。詩は18種類あります。

ポイント

  • 内容 →3種類
  • 文体 →2種類
  • 形式 →3種類

つまり、3×2×3=18種類です。

内容で分ける→叙情詩・叙事詩・叙景詩

詩は内容で3種類に分けられます。

内容とは「何を題材にしているか」です。次の3つとなります。

  • 心の動き
  • 事実・物語
  • 自然の景色

この3つのいずれかが詩で表現されています。それぞれの詩の名前は、次のとおり。

  • 心の動き  →叙情詩
  • 事実・物語 →叙事詩
  • 自然の景色 →叙景詩

「叙◯詩」という名前です。2文字目が内容を表していますよ。

もっと詳しく知りたい方には別記事をご用意しています。

叙情詩・叙事詩・叙景詩の違いが分からない方へ【言葉で見分ける方法】

京都たわを

現代詩はほとんど叙情詩です。

文体で分ける→口語詩・文語詩

詩は文体で2種類に分けられます。

文体とは「詩に使われている言葉」です。次の2つです。

  • 話し言葉
  • 書き言葉

話し言葉とは、話す時に使う言葉ですね。一方、書き言葉とは、文を書く時に使う言葉です。

  • 話し言葉で書かれた詩 →口語詩
  • 書き言葉で書かれた詩 →文語詩

現在、書き言葉は使いません。なので、文語詩は昔の言葉で書かれています。

「◯語詩」という名前です。1文字目が文体を表していますよ。

もっと詳しく知りたい方には別記事をご用意しています。

口語詩と文語詩の違いが分からない方へ【文末で見分ける方法】

京都たわを

現代詩はほとんど口語詩です。

形式で分ける→定型詩・自由詩・散文詩

詩は形式で3種類に分けられます。

形式とは「かたち」ですね。具体的には「リズム(音数)」と「行分け」です。

  • 行分けあり・一定のリズムあり →定型詩
  • 行分けあり・一定のリズムなし →自由詩
  • 行分けなし →散文詩

定型詩の代表例は俳句・短歌です。一定のリズム5・7・5がありますよね。

文体と形式を組み合わせた呼び方

また詩の種類は、文体と形式を組み合わせて呼ばれます。たとえば次のとおりです。

  • 口語で自由詩の場合 →口語自由詩
  • 文語で定型詩の場合 →文語定形詩

京都たわを

現代詩はほとんど口語自由詩です。

さいごに

詩の種類を解説しました。

現代詩は「叙情詩・口語詩・自由詩が多い」と覚えておきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020