アナログとディジタルの違いとは?【ディジタル化のメリット】

アナログとディジタルの違い」をすこしだけ意識してみましょう。

こちらのページでは「アナログとディジタルの違いとは何か?」を紹介します。

ディジタル化のメリット」を掲載します。ポイントは「正確さ・加工しやすさ・扱いやすさ」です。

それでは、見ていきましょう!

「アナログとディジタル」はどんなもの?

アナログとディジタル

ポイント

  • アナログ・・・連続した量で表現する
  • ディジタル・・・離散的な量で表現する
  • ディジタル化のメリット・・・①正確に再現できる②加工しやすい③統合的に扱える

アナログとは?

アナログとは「連続して変化する量を連続した量で表現すること」です。

つまり、ありのまま表現することです。たとえば、次のようなものがアナログ表示です。

アナログ時計

アナログ時計

アルコール式の温度計

アナログな温度計

針式の体重計

アナログな体重計

ディジタルとは?

ディジタルとは「連続して変化する量を離散的な量で表現すること」です。

離散的とは、「一定の間隔で区切って」という意味です。

具体的に「時間」で見てみます。

ディジタル

こちらは時間のディジタル表示です。1分ごとに区切って表示しています。

また、次のようなものもディジタル表示です。

ディジタルな体温計

ディジタルな体温計

ディジタルな体重計

ディジタル体重計

ディジタル化のメリットとは?

ディジタル化のメリットは3つあります。次のとおりです。

  1. 情報を正確に再現できる
  2. 情報の加工がしやすくなる
  3. 情報を統合的に扱える

これだけでは分かりづらいので、具体的に解説していきましょう。

情報を正確に再現できる

ディジタル情報は正確に再現できます。これは、ディジタル情報がノイズに強いということです。

たとえば、音。もともとの音をアナログ情報とします。もともとの音は、雑音が混じると、音が変わってしまいます。

一方、もともとの音をディジタル化しておけば、雑音が混じっても、雑音を取り除くことができます。

情報の加工がしやすくなる

ディジタル情報は「数値(0か1か)」なので、加工しやすいです。

  • 修正
  • 編集
  • 圧縮

これらの加工ができます。とくに、圧縮するとデータ量を小さくできます。圧縮のイメージは次のとおり。

「00000111110000011111」というデータを

|圧縮すると・・・

「05150515」(0が5回、1が5回、0が5回・・・)となる。

ディジタル情報は、送受信や保存に便利なものだということです。

情報を統合的に扱える

ディジタル情報は「数値(0か1か)」なので、統合的に扱えます。

具体的には、「動画・画像・文字」などは「同じメディア」に記録できるということです。

SSD・CDR・フラッシュメモリなど。

さいごに

「アナログとディジタルの違いとは?」を解説しました。ディジタル化のメリットは3つあります。

ポイントは「正確さ・加工しやすさ・扱いやすさ」です。