直喩とは何か?【例文で簡単に分かるように解説します】

休日コピーライターの京都たわをです。

直喩を使ってみませんか?

直喩は詩の表現技法です。「まるで〜ような・みたいな」などの言葉を使うだけで例文は作れます。また物ごとを分かりやすく説明できる効果があります。

じゃあ直喩はどう使うの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

Point

  1. 直喩の意味とは?(例文)
  2. 直喩を使った文の作り方
  3. 直喩の効果を高めるコツ

直喩とは何か?

直喩の例文を作りたい猫

それでは直喩の例文を作りましょう。

直喩とは?

直喩とは、「ような」などの言葉を使って、何かを何かに例える表現技法です。明喩・シミリーとも言います。

直喩は最も簡単な比喩になります。理由は「比喩だとすぐに分かるから」ですね。

さっそく例文を見てみましょう。

  • 雨がまるでシャワーのようだ。
  • ドラゴンフルーツの食感はキウイみたいだ。
  • 満員電車はサウナのようだ。
  • 果物みたいな匂いがする石けんだ。
  • 僕は天国にいるような気分だ。
  • 犬は人みたいに振る舞うことがある。
  • 父は鬼のように笑う。

こういう感じです。また、お笑い芸人も直喩を見事に使いこなしていますよ。

それが、たとえツッコミです。たとえツッコミも直喩が使われています。少しだけご紹介しましょう

  • 11月に冷やし中華はじめましたくらい遅いよ(くりぃむしちゅー上田)
  • 早過ぎるよ。レベル200のテトリスか!(くりぃむしちゅー上田)
  • それお前の駄目な所煮詰めた様なエピソードやで(フットボールアワー後藤)
  • なんだよその忍者屋敷みたいなトラップは!(フットボールアワー後藤)

このように、直喩は笑いを誘う力もあるんですよね。

直喩の作り方とは?

直喩は決まった言葉と型があります。

次のような言葉が入っていれば直喩です。

  • まるで
  • ようだ・みたいだ
  • ような・みたいな
  • ように・みたいに
  • ごとし
  • 似たり

また直喩には共通の型がありますね。次の文に言葉を埋めるだけで、直喩になります。

  • ◯はまるで△だ。
  • ◯は△みたいだ。
  • ◯は△のようだ。
  • ◯は△みたいな□だ。
  • ◯は△のような□だ。
  • ◯は△みたいに□する。
  • ◯は△のように□する。

直喩は決まった型があるので簡単に作れちゃいます。

直喩の効果を高めるコツとは?

直喩の効果は、物ごとを分かりやすく説明できることです。

直喩は「伝えづらい何かを伝わりやすい何かに例えるテクニック」として使えます。コツは次のとおりです。

  • 具体的に似ているものに例える
  • 聞き手が知っているものに例える

次の例文を見てください。これは聞き手が知っているものに例える直喩です。

ドラゴンフルーツの食感はキウイみたいだ。

ドラゴンフルーツの食感を伝えたいわけですが、ドラゴンフルーツは決して超メジャーな果物ではないですよね。

そこで超メジャーな果物であるキウイを引き合いに出して説明します。

こうすることで、「ドラゴンフルーツは知らないけどキウイは知っているという人」が、ドラゴンフルーツの食感をイメージできるようになります。

これが直喩のパワーです。

コミュニケーションに直喩は欠かせないですね。

まとめ

直喩を使えそうな気がしてきましたか?

普段の生活に直喩をいれると言いたいことが伝わりやすくなるかもですよ。

また隠喩の記事もご用意しています。ぜひチェックしてください。

隠喩とは何か?【例文で簡単に分かるように解説します】

Point

  1. 直喩の意味とは?(例文)
  2. 直喩を使った文の作り方
  3. 直喩の効果を高めるコツ

Lastly

直喩みたいに便利な表現技法はない

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020