叙情詩・叙事詩・叙景詩の意味とは?→ヒント:内容の違い

休日コピーライターの京都たわをです。

詩を内容で分類できますか?

詩は内容で3つに分類されます。叙情詩・叙事詩・叙景詩です。ポイントは「感情・事件(物語)・風景」ですね。

じゃあ詩を内容でどう分類するの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

Point

  1. 叙情詩・叙事詩・叙景詩とは?
  2. 叙情詩・叙事詩・叙景詩の見分け方

叙情詩・叙事詩・叙景詩の意味とは?

叙情詩・叙事詩・叙景詩の意味とは?

まず叙情詩・叙事詩・叙景詩について解説します。

ポイントは詩の内容です。詩の内容は大きく3つに分類されます。次のとおり。

  1. 心の動き →叙情詩
  2. 事件・物語 →叙事詩
  3. 自然の風景 →叙景詩

叙情詩とは?

叙情詩とは、心の動きを書いた詩です。

つまり叙情詩は、作者が感じたことや思いを表現した詩です。

詩は短い文でテンポよく書かれます。スピード感のある展開は、詩が得意とする分野です。

そして心の動きもスピード感があります。気持ちは容易く変化しますからね。

なので、詩は心の動きを表現するのに向いています。実際のところ、現代詩の多くが叙情詩です。

ちなみに叙情詩は扱う題材のテーマによって、呼ばれ方が変わります。次のとおりです。

  • 恋愛詩
  • 哲学詩
  • 自然詩
  • 風刺詩
  • 讃歌
  • 挽歌 など

現代詩のほとんどが叙情詩です。

叙事詩とは?

叙事詩とは、事件や物語を書いた詩です。

叙事詩では作者が感じたことや思いを表現しません。事件や物語をそのまま書いています。

たとえば古代ギリシアの叙事詩の内容は、次のとおりです。

  • 英雄の話
  • 民族の歴史
  • 神話

かつて叙事詩が書かれた目的は「歴史を語り伝える」ためでした。よって叙事詩は長いものです。

ただ叙事詩は徐々に姿を消していきます。というのも壮大な事件や物語を書くようになっていったからです。

そして叙事詩は長文となり、小説へと姿を変えました。

日本の叙事詩といえば「平家物語」ですね。(異論もあるようですが)

叙景詩とは?

叙景詩とは、自然の景色を書いた詩です。

叙事詩も、作者が感じたことや思いを表現しません。自然の景色をそのまま書いています。

ただ注意点があります。詩の内容が景色でも、作者の感情が書かれたら「叙情詩」になります。次のような言葉です。

  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • 腹立たしい
  • 哀しい

さて最後に、有名な叙景詩を紹介しましょう。三好達治「大阿蘇」です。

雨の中に 馬がたつてゐる
一頭二頭仔馬をまじへた馬の群れが
雨の中にたつてゐる
雨は蕭蕭と降つてゐる
馬は草を食べてゐる
(以下略)
出典:三好達治「大阿蘇」

叙景詩は言葉の裏側に作者の思いを潜ませるという、高等なテクニックを使ってますよね。

叙情詩・叙事詩・叙景詩の見分け方

次に叙情詩・叙事詩・叙景詩の見分け方をまとめておきます。

叙情詩・叙事詩・叙景詩の見分け方

詩の内容を確認して、叙情詩・叙事詩・叙景詩に分類しましょう。

ある詩について「叙情詩と叙事詩と叙景詩のどれですか」と質問されたら、このように見分けてください。

まず詩の内容を確認しましょう。何を題材にしているかによって分類します。

  • こころの動き →叙情詩
  • 出来事・事件 →叙事詩
  • 自然の景色 →叙景詩

内容が景色の場合は、詩に「作者の考え」が入っているかチェックしましょう。

心の動きに関する言葉を使っていたら叙情詩です。次のような言葉です。

  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • 腹立たしい
  • 哀しい

作者の考えがなく、景色について事実をありのままに描いているなら叙景詩です。

ただ現代詩のほとんどが叙情詩です。叙情詩と言っても間違いないでしょうね。

まとめ

詩を内容で分類できそうでしょうか?

叙情詩と叙景詩を分類できたら完璧ですよ。

また詩の文体の記事もご用意しています。ぜひチェックしてください。

口語詩と文語詩の違いが分からない?→ヒント:文末で見分けるのが楽である

Point

  1. 叙情詩・叙事詩・叙景詩とは?
  2. 叙情詩・叙事詩・叙景詩の見分け方

Lastly

「叙◯詩」の◯に入る漢字に注目しよう

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020