叙情詩・叙事詩・叙景詩の違いが分からない?→ヒント:内容で見分ける

詩の「種類」をあとすこし意識してみましょう。

詩の「種類」が正しく分かれば、内容もつかみやすくなります。

今回は、内容

叙情詩叙事詩叙景詩です。

こちらのページでは、叙情詩と叙事詩と叙景詩の違いを紹介。

叙情詩と叙事詩と叙景詩を見分ける方法を掲載しています。

それでは、見ていきましょう!

「叙情詩と叙事詩と叙景詩」はどんなもの?

まず叙情詩・叙事詩・叙景詩について解説します。

ポイント

  • 叙情詩・・・作者の気持ちを書いた詩
  • 叙事詩・・・出来事や物語を書いた詩
  • 叙景詩・・・自然の景色を書いた詩

「叙情詩」はどんなもの?

叙情詩とは心の動きを書いた詩です。作者の気持ちを表現します。

気持ちはどんな言葉で表すの?

そうですね。

いくつか特徴があるので列挙します。

  1. 「〜い」「〜だ」で終わる言葉
  2. 「〜と思う」「〜と感じる」
  3. 様子・行動を表す言葉

たとえば、次のような言葉です。

  • 暑い
  • 冷たい
  • 楽しみだ
  • 美しいと思う
  • 悲しく感じる
  • 嬉しい様子だった

詩は気持ちの表現に向いています。それは詩が「行分け形式」だからです。

気持ちの移り変わりは、詩のテンポの良さと似ています。

叙情詩の呼び方

叙情詩は題材で呼び方が変わります。

  • 恋愛詩
  • 哲学詩
  • 自然詩
  • 風刺詩
  • 讃歌
  • 挽歌

ちなみに、叙景詩と自然詩は別です。

「叙事詩」とはどんなもの?

叙事詩とは事件や物語を書いた詩です。作者の気持ちを表現しません。

昔の詩に叙事詩が多いです。たとえば、古代ギリシアは叙事詩です。

  • 英雄の話
  • 民族の歴史
  • 神話

かつて叙事詩は「歴史を語り継ぐ目的」で書かれました。

ただ、叙事詩は徐々に姿を消します。というのも、もっと壮大な物語になり、叙事詩は小説になりました。

日本の叙事詩といえば「平家物語」です。(異論もありますが…)

「叙景詩」とはどんなもの?

叙景詩とは自然の景色を書いた詩です。叙事詩と似ていて、作者の気持ちを表現しません。

ただ、詩の内容が自然の景色でも、作者の気持ちを直接書いていたら「叙情詩」になります。

注目すべきポイントは「天候」や「」や「明るさ」です。

  • 晴れ →プラスの気持ち
  • 雨  →マイナスの気持ち
  • 明るい色 →プラスの気持ち
  • 暗い色  →マイナスの気持ち

このように景色の描写から気持ちを表せます。

有名な叙景詩を紹介します。三好達治「大阿蘇」です。

雨の中に 馬がたつてゐる
一頭二頭仔馬をまじへた馬の群れが
雨の中にたつてゐる
雨は蕭蕭と降つてゐる
馬は草を食べてゐる
(以下略)
出典:三好達治「大阿蘇」

叙景詩は言葉の表面的な意味を使わずに、作者の気持ちを伝える詩と言えます。

「叙情詩と叙事詩と叙景詩」の見分け方

「叙情詩と叙事詩と叙景詩」を見分けましょう。

以下のフローチャートで簡単に見分けられます。

作者の気持ちが書かれているか?

まずは「作者の気持ちが書かているか?」です。以下の言葉を含んでいますか?

  1. 「〜い」「〜だ」で終わる言葉
  2. 「〜と思う」「〜と感じる」
  3. 様子・行動を表す言葉

作者の気持ちが書かれていれば、叙情詩です。

自然の景色が書かれているか?

つぎに「自然の景色が書かれているか?」です。

自然の景色が書かれていれば、叙景詩です。

注目すべきポイントは「天候」や「」や「明るさ」でした。

一方、自然の景色が書かれていなければ、叙事詩で、物語や出来事が書かれているはずです。

以上で、「叙情詩と叙事詩と叙景詩」の見分けることが出来ます。

さいごに

叙情詩と叙事詩と叙景詩の違いを解説しました。

叙情詩は作者の気持ちが書かれており、叙事詩は出来事や物語が書かれています。

そして叙景詩は自然の景色が書かれています。とはいえ、現代詩は叙情詩が多いと覚えておきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020