G検定を攻略する

【口語詩と文語詩の違いが分からない人へ】文末で見分けるのが楽である。

こんにちは。京都たわをです。

口語詩と文語詩の違いについて解説します。

詩(ポエム)は、誰が書いた作品であっても、大きく2種類に分けられます。

口語詩文語詩です。

詩の中に出てくる言葉で、口語品なのか文語詩なのかを区別することが出来ます。

じゃあ、どのように言葉を見分けるか??歴史をさかのぼると、頭にサササッと入ってきます。

文語詩と口語詩を見分けるには文末がキーとなる。

明治時代までの文章は”話し言葉”で書かれていませんでした。

会話では「昨日楽しかったねー!」と話していても、手紙では「昨日たのしく候」と書いていたわけです。

「昨日たのしく候」が文語です。

ところが明治時代に言文一致運動が始まり、文章にも”話し言葉”を使用するようになったのです。

「吾輩は猫である!」

吾輩は猫である!はガッツリ話し言葉です。

これまで「候」と書いていたところを、「です」「ます」「だ」「である」と表現するようになります。口語の登場です。

「パスタまじ美味かったなーー!またあのお店に行きたい!」という会話を、Lineで「パスタまじ美味く候。またあのお店に行きたく候。」と書いたら、喋ってる言葉と同じではないので文語

逆に「パスタまじ美味かったなーー!またあのお店に行きたい!」という会話を、Lineで「パスタまじ美味かったなーー!またあのお店に行きたい!」と書いたら、喋ってる言葉と同じなので口語

“文語”は他にも、「御座なく候」、「成し下さるべく候」・・・などなど私たちに馴染みの無い言葉(歴史的仮名遣)が良く使われますね。

口語詩と文語詩を見分けるのに何が難しいかって、、この馴染みの無い歴史的仮名遣で書かれているからといって、必ずしも文語詩ではない・・・ってところですよね。

歴史的仮名遣≠”文語詩”

この「歴史的仮名遣で書かれているから文語詩。というわけではない。」という部分が、一番難しくて頭が混乱するポイントだと思います。

昔の人が使っていた言葉で詩が書かれているからといって文語詩ではありません。

なぜなら昔の人は話すときも、文章を書くときも昔の言葉を使っているからです。

たとえば、歴史的仮名遣では蝶々(butterfly)を「てふてふ」と書きます。

詩の中に「てふてふ」が出てきたら文語詩!・・・ではありません。「てふてふ」だけでは、”話し言葉”か”書き言葉”か分かりませんからね。

「蝶々が舞っている」という文章を、「てふてふが舞ひたり。」と書けば”文語”になり、「てふてふが舞ふ。」と書けば、”口語”になるわけです。

そこで重要なのが文末です。

実際に文語詩と口語詩の文末を見てみよう!

いたつきてゆめみなやみし、

(冬なりき)誰ともしらず、

そのかみの高麗の軍楽、

うち鼓して過ぎれるありき

その線の工事了りて、

あるものはみちにさらばひ、

あるものは火をはなつてふ、

かくてまた冬はきたり

これは宮沢賢治の作品ですが、「文語詩」になります。

「ありき。」「きたりぬ。」など、話し言葉ではない言葉が使用されています。

ひかりの澱

三角ばたけのうしろ

かれ草層の上で

わたくしの見ましたのは

顔いつぱいに赤い点うち

硝子様(やう)鋼青のことばをつかつて

しきりに歪み合ひながら

何か相談をやつてゐた

三人の妖女たちです

こちらも宮沢賢治の詩ですが、”口語詩”になります。

「見ました」「ゐた」「です」など、話し言葉が使われています。

全てがこの法則に当てはまるとは限りませんが、”口語詩”と”文語詩”を見分ける際は文末に注目してみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください