口語詩と文語詩の違いが分からない?→ヒント:文末で見分けるのが楽である

詩の「種類」をすこしだけ意識してみましょう。

詩の「種類」が正しく分かれば、内容もつかみやすくなります。

まずは、文体

口語詩文語詩です。

こちらのページでは、口語詩と文語詩の違いを紹介。

口語詩と文語詩を見分ける方法を掲載しています。

それでは、見ていきましょう!

「口語詩と文語詩」はどんなもの?

口語詩と文語詩の違いが分からない猫

まずは「口語と文語」から説明します。

ポイント

  • 口語詩・・・話し言葉で書かれた詩
  • 文語詩・・・昔の書き言葉で書かれた詩

「口語と文語」はどんなもの?

口語とは話し言葉です。たとえば、会話や発表などに使う言葉です。

一方、文語とは書き言葉です。たとえば、作文や作詞に使う言葉です。

疑問に思うことがありませんか?

普段、話し言葉も書き言葉も意識したことないよ。

その通り!

現在、私たちは口語で会話し、口語で作文しています。つまり、文語を使っていません。

文語とは「昔、使われていた書き言葉なんです。

なぜ文語を使わなくなったのか?

私たちは文語を使わなくなりました。それは、言文一致運動があったからです。

平安時代から明治時代までは「文語で文章を書く」が基本でした。

ですが、明治時代に「口語で文章を書く」という新しいスタイルが生まれます。

これが言文一致運動です。

こうして「口語で文章を書く」スタイルは流行し、文語は使われなくなっていったのです。

そんなわけで、私たちは文語を使っていません。

「口語詩と文語詩」はどんなもの?

もうお分かりかと思いますが、口語詩文語詩は次のようになります。

  • 口語詩…口語で書かれた詩
  • 文語詩…文語で書かれた詩

さらに、口語とは話し言葉でした。

一方、文語とは「昔、使われていた書き言葉でした。

よって、言い換えると次のとおりです。

  • 口語詩…話し言葉で書かれた詩
  • 文語詩…昔、使われてた書き言葉で書かれた詩

現代詩はほぼ口語詩ですね。

「口語詩と文語詩」の見分け方

「口語詩と文語詩」を見分けましょう。

以下のフローチャートで簡単に見分けられます。

口語詩と文語詩を見分けるフローチャート

昔の言葉を書いているか?

まずは「昔の言葉を書いているか?」です。

昔の言葉が書いていなければ、口語詩です。現在は文語を使っていないからです。

一方、昔の言葉が書いていれば、文語詩の可能性があります。

話し言葉で書いているか?

つぎに「話し言葉で書いているか?」です。

話し言葉で書かれていれば、口語詩です。

一方、話し言葉で書かれていなければ、文語詩です。

以上で、「口語詩と文語詩」の見分けることが出来ます。

「口語詩と文語詩」を見分けるコツ

それでも口語詩と文語詩を見分けるのが難しいんですけど・・・

そうですね。

「口語詩と文語詩」を見分けるにはコツがあります。文末に注目してみましょう。

歴史的仮名遣いに惑わされるな

「口語詩と文語詩」を見分けるのが難しいのは、昔の言葉で書かれた口語詩があるからです。

ここまで「昔の言葉」と説明してきましたが、昔の言葉のことを歴史的仮名遣いと言います。たとえば次のような言葉です。

  • てふてふ
  • けふ
  • をとこ
  • こゑ 

つぎの例文を見てください。

  • てふてふが舞う
  • てふてふ舞ひたり

どちらも「てふてふ」という歴史的仮名遣いを含む文です。しかし、文体が違います。

  • てふてふが舞う  →口語
  • てふてふ舞ひたり →文語

「舞う」は話し言葉なので口語で、「舞ひたり」は書き言葉なので文語です。

このように、歴史的仮名遣いで書いている詩だから文語詩とは言いきれません。

文末に注目しよう

歴史的仮名遣いで書かれた口語詩を見分けるには、文末に注目してみましょう。

詩に文末に見慣れない言葉が出てきたら文語詩です。たとえば、次のような言葉です。

  • ありき
  • きたりぬ

一方、詩の文末に見慣れた言葉が出てきたら口語詩です。

  • です
  • ます
  • である

例文をいくつか用意しました。確認していきましょう。

  • 吾輩は猫である →口語
  • 筋トレが最強のソリューションである →口語
  • お店のパスタ美味かったなー。また食べに行きたい。 →口語
  • 御店のパスタ美味く。また食べに行きたく。 →文語
  • 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。 →文語
  • やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。 →文語

だいたい理解いただけたでしょうか?

「口語詩と文語詩」の具体例

最後に、宮沢賢治の口語詩と文語詩を見てみましょう。

宮沢賢治の口語詩

まずは口語詩です。文末に注目です。

ひかりの澱
三角ばたけのうしろ
かれ草層の上で
わたくしの見ましたのは
顔いつぱいに赤い点うち
硝子様(やう)鋼青のことばをつかつて
しきりに歪み合ひながら
何か相談をやつてゐた
三人の妖女たちです

「見ました」「ゐた」「です」など、話し言葉が使われています。

宮沢賢治の文語詩

つぎに文語詩です。こちらも文末に注目ですよ。

いたつきてゆめみなやみし、
(冬なりき)誰ともしらず、
そのかみの高麗の軍楽、
うち鼓して過ぎれるありき。
その線の工事了りて、
あるものはみちにさらばひ、
あるものは火をはなつてふ、
かくてまた冬はきたりぬ。

「ありき。」「きたりぬ。」など、書き言葉が使用されています。

詩の文末を確認して、口語詩と文語詩を見分けましょう。

さいごに

口語詩と文語詩の違いを解説しました。口語詩は話し言葉で書かれており、文語詩は昔の書き言葉で書かれています。

昔の言葉で書かれた口語詩もあってややこしいですが、文末に注目して見分けていきましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2020