【口語詩と文語詩の違いが分からない人へ】文末で見分けるのが楽である。

こんにちは。京都たわをです。

口語詩と文語詩の違いについて解説します。

詩は大きく2種類に分けられます。

口語詩文語詩です。

詩に出てくる言葉で、口語詩か文語詩か分類できます。

昔の言葉で書かれている=文語詩、現代の言葉で書かれている=口語詩というメジャーな分け方。。間違ってはいません

間違ってないですが正確ではありません

そこで私が編み出した分類方法をご紹介します

文語詩と口語詩を見分けるには文末がキーとなる。

話し言葉=口語

平安から明治までの日本では、書き言葉で文章を書いていました。

会話では「昨日は楽しかった」と話しても、手紙では「昨日たのしく候」と書いていたのです

書き言葉で書かれた詩。文語詩です。

主に話し言葉で文章を書いている私たちにとって、文語詩は見慣れない言葉だらけです。

ところが明治に言文一致運動が起こります。文章にも話し言葉を用いるようになったのです。

話し言葉で書かれた詩。口語詩の誕生です。

「吾輩は猫である!」

「吾輩は猫である」は話し言葉です。「われ猫なり」とすれば書き言葉です。

口語と文語は文末表現に特徴が見られます。

詩に「です」「ます」「だ」「である」が出てきたら、口語詩ではないかな…と考えましょう。

文語と口語の違いを具体例で見てみます

「お店のパスタ美味かったなー。また食べに行きたい。」という会話を詩にしてみましょう。

「御店のパスタ美味く候。また食べに行きたく候。」とすれば文語詩。

一方「お店のパスタ美味かったな。また食べに行きたいな。」とすれば口語

歴史的仮名遣≠”文語詩”

「てふてふ」、「けふ」など私たちに馴染みのない昔の言葉(歴史的仮名遣い)が文語詩に登場します

ただ忘れてはいけない。詩に歴史的仮名遣いが登場したから文語詩、というわけではない・・・ってことを。

明治以前は会話と文章の両方に歴史的仮名遣いを用いています。

たとえば歴史的仮名遣でチョウチョ(butterfly)を「てふてふ」と書きます。詩の中に「てふてふ」が出てきたら文語詩!・・・ではありません

「てふてふ」だけでは、”話し言葉”か”書き言葉”か分かりません。

「チョウチョが舞っている」という文章を、「てふてふ舞ひたり。」と書けば”文語”になり、「てふてふが舞ふ。」と書けば、”口語”になるわけです。

重要なのは文末です。

実際に文語詩と口語詩の文末を見てみよう!

いたつきてゆめみなやみし、

(冬なりき)誰ともしらず、

そのかみの高麗の軍楽、

うち鼓して過ぎれるありき

その線の工事了りて、

あるものはみちにさらばひ、

あるものは火をはなつてふ、

かくてまた冬はきたり

宮沢賢治の作品で「文語詩」です。

「ありき。」「きたりぬ。」など、書き言葉が使用されています。

ひかりの澱

三角ばたけのうしろ

かれ草層の上で

わたくしの見ましたのは

顔いつぱいに赤い点うち

硝子様(やう)鋼青のことばをつかつて

しきりに歪み合ひながら

何か相談をやつてゐた

三人の妖女たちです

こちらも宮沢賢治の詩で”口語詩”です。

「見ました」「ゐた」「です」など、話し言葉が使われています。

詩を口語詩と文語詩に分類するときは文末に注目してみるといいと思います。

自由自在中学国語〔平成28年新装 基礎から入試まで [ 朝倉孝之 ]

created by Rinker

また詩を内容で分類することもあります。こちらの記事を参考にしてみてください

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2019