口語詩と文語詩の違いが分からない?→ヒント:文末で見分けるのが楽である

休日コピーライターの京都たわをです。

口語詩と文語詩の違いは分かりますか?

詩は2種類に分けられます。「口語詩」と「文語詩」です。詩に使われる言葉で「口語詩」と「文語詩」を分類できます。

参考書によく出てくる見分け方は、次のとおりですね。

  • 現代の言葉で書かれている →口語詩
  • 昔の言葉で書かれている →文語詩

この方法は間違いではないですが、正確ではありません。そこで私が編み出した見分け方をご紹介します。

じゃあ口語詩と文語詩はどう見分けるの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

Point

  1. 文語とは昔の書き言葉である
  2. 今はほぼ文語は使われていない
  3. 詩の文末に注目すると、文語詩を見分けやすい

口語詩・文語詩とは何か?

口語詩と文語詩の違いが分からない猫

まずは口語と文語について説明します。

口語・文語とは?

口語と文語の違いは言葉です。

言葉は使う場面で変わります。口語と文語の違いは、次のとおりです。

  • 話すときに使う言葉 →口語
  • 書くときに使う言葉 →文語

口に出す言葉が口語で、文に書く言葉が文語というわけです。そのまんまですね。

ここで疑問に思うはずです。「私たちは話すときも書くときも同じ言葉を使ってるよ。」と。

そうなんです。今はもう文語を使っていません。私たちは口語のみで生活しています。

文語は「昔の人が使っていた書き言葉」というのが正確です。

文語を使わなくなった背景

文語を使わなくなった背景は明治時代の言文一致運動があります。

ここで私たちが文語を使わなくなった背景を深掘りしましょう。文語・口語の歴史を紐解くと、次のとおり。

  • 平安から明治まで →文語で書く・口語で話す
  • 明治から今日まで →口語で書く・口語で話す

明治時代より前は文語を使っていました。会話と手紙で違う文になるわけです。

明治時代より後は、すべて口語になりました。文を書くときも口語を使おうよ、っていう運動ですね。

これを言文一致運動といいます。

こうして明治時代より後は、文語を使わなくなっていったのです。

口語詩・文語詩とは?

口語詩は口語で書かれており、文語詩は文語で書かれています。

口語・文語を言い換えて説明すると、次のとおりです。

  • 話し言葉で書かれた詩 →口語詩
  • 書き言葉で書かれた詩 →文語詩

書き言葉を使っていたのは昔です。明治時代より前でしたね。こうして「文語詩は昔の人が使っていた書き言葉で書かれた詩」となるわけですね。

私たちが読む詩のほとんどは口語詩だと言えるでしょうね。

口語詩と文語詩の簡単な見分け方

それでは口語詩と文語詩の見分け方をご紹介します。

口語詩と文語詩を見分ける基本のコツ

文語詩と口語詩を見分ける基本のコツは「昔の言葉を使っているか?」です。

詩の言葉を見て、昔の言葉かどうかを見分けましょう。次のとおりです。

  • 昔の言葉を使っていない →口語詩
  • 昔の言葉を使っている →文語詩or口語詩

基本のコツはこれだけです。

昔の言葉を使っていれば文語詩と見分けても、たいがい正解でしょうね。

歴史的仮名遣いに惑わされるな

昔の言葉を使った口語詩という、見分けるのが難しいパターンがあります。

昔の言葉を使っていても、書き言葉でなければ文語詩ではありません。昔の言葉とは次のようなものです。

  • てふてふ →蝶々
  • けふ →今日
  • をとこ →男
  • こゑ →声

このような言葉ですね。歴史的仮名遣いといいます。口語と文語の違いをおさらいすると、次のとおりでしたね。

  • 話すときに使う言葉 →口語
  • 書くときに使う言葉 →文語

ですので、歴史的仮名遣いを使っているから文語、というわけではないのです。例文を見てみましょう。

  • てふてふが舞う →口語
  • てふてふが舞ひたり →文語

詩の中に「てふてふ」という昔の言葉が出てきたからと言って、文語詩と見分けられないんけですね。

昔の言葉を使っているから文語詩と見分けていると、テストを作る側の思うつぼですね。

文末に注目しよう

文語詩は文末で見分けてみましょう。

話を戻しますね。口語詩と文語詩を見分けるには「昔の言葉を使っているか」をまず確認します。

  • 昔の言葉を使っていない →口語詩
  • 昔の言葉を使っている →文語詩or口語詩

次に昔の言葉が使われていたら、話し言葉か書き言葉かを確認します。

  • 昔の話し言葉を使っている →口語詩
  • 昔の書き言葉を使っている →文語詩

詩の文末に注目してみましょう。次のような見慣れない言葉が出てきたら文語詩です。

  • ありき
  • きたりぬ

一方、文末に見慣れた言葉が出てきたら口語詩です。

  • です
  • ます
  • である

「吾輩は猫である」は口語。「筋トレが最強のソリューションである」も口語です。

具体例で「お店のパスタ美味かったなー。また食べに行きたい。」という会話を文語と口語にしてみると、次のとおり。

  • 「御店のパスタ美味く候。また食べに行きたく候。」 →文語
  • 「お店のパスタ美味かったな。また食べに行きたいな。」 →口語

口語詩と文語詩を見分けるのに大事なのは文末ですよ。

口語詩・文語詩の具体例

実際に宮沢賢治の口語詩・文語詩を見てみましょう。

まずは文語詩です。文末に注目ですよ。

いたつきてゆめみなやみし、
(冬なりき)誰ともしらず、
そのかみの高麗の軍楽、
うち鼓して過ぎれるありき。
その線の工事了りて、
あるものはみちにさらばひ、
あるものは火をはなつてふ、
かくてまた冬はきたりぬ。

「ありき。」「きたりぬ。」など、書き言葉が使用されています。

続いて口語詩です。こちらも文末に注目です。

ひかりの澱
三角ばたけのうしろ
かれ草層の上で
わたくしの見ましたのは
顔いつぱいに赤い点うち
硝子様(やう)鋼青のことばをつかつて
しきりに歪み合ひながら
何か相談をやつてゐた
三人の妖女たちです

「見ました」「ゐた」「です」など、話し言葉が使われています。

詩の文末を確認して、口語詩と文語詩に見分けていきましょう。

まとめ

口語詩と文語詩を見分けることが出来そうでしょうか?

昔の言葉を使った口語詩を見抜けるようになれば達人クラスですよ。

Point

  1. 文語とは昔の書き言葉である
  2. 今はほぼ文語は使われていない
  3. 詩の文末に注目すると、文語詩を見分けやすい

Lastly

物ごとを条件で分類する力をつけよう!

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2020