倒置法とは何か?【例文でスッと分かる】

詩の「表現技法」をあとすこし意識してみましょう。

詩の「表現技法」が正しく分かれば、内容もつかみやすくなります。

今回は、倒置法

倒置法とは、言葉の順序を入れかえる表現技法です。

△△である、◯◯は。」といった形です。伝えたいことを先に言う技術です。

こちらのページでは倒置法とはどんなもの?を紹介します。

さらに倒置法を使った例文を掲載します。それでは、見ていきましょう!

「倒置法」はどんなもの?

それでは倒置法を紹介しましょう。

ポイント

  • 倒置法・・・言葉の順序を入れかえる表現技法

「倒置法」はどんなもの?

倒置法は「言葉の順序を入れかえる表現技法」です。

倒置法は「を」や「は」で終わるかたちです。次のようなかたちです。

  • △△である、◯◯は。

反復法のポイントは、「を」や「は」で文が終わることです。

倒置法は名詞で文が終わりません名詞で終わるのは、体言止めです。

倒置法の例文

さっそく倒置法の例文を見てみましょう。

  • 気持ちだよ、大切なことは。
  • 早さである、この仕事に求められるのは。
  • 見せてみろ、君のスキルを。
  • 海だ、一番いきたい場所といえば。

倒置法の効果はどんなもの?

倒置法を使った文は、結論が先にあります

結論とは書き手が伝えたいことです。

  • 気持ちだよ、大切なことは。 →気持ちがなんだ?
  • 早さである、この仕事に求められるのは。 →早さがなんだ?
  • 見せてみろ、君のスキルを。 →何を見せるんだ?
  • 海だ、一番いきたい場所といえば。 →海がなんだ?

つまり、倒置法を使うと、伝えたいことを印象づけられます。これが倒置法のちからです。

倒置法の効果を高めるコツ

倒置法使いすぎないことが大事です。体言止めと同じです。

倒置法を使いすぎると、文のリズムが悪くなります。つまり、コテコテになります。

例文を少し見てみましょう。

海、僕が一番いきたい場所は。

海水浴、海に行ってやりたいことは。

海の家、お昼ごはんは。

そして僕は食べる、焼きそばを。

僕は幸せ、海で焼きそばを食べれたら。

倒置法を連続で使ってみました。やはり、うっとおしくないでしょうか?

このように倒置法を繰り返し使うことは、オススメできません。

海、僕が一番いきたい場所は。

海に行ってやりたいことは海水浴です。

お昼ごはんは海の家だね。

そして僕は食べる焼きそばを。

海で焼きそばを食べれたら、僕は幸せですよ。

強く伝えたいことを書く時に、倒置法。間違いないです。

さいごに

倒置法とはどんなものかを解説しました。倒置法は「言葉の順序を入れかえる表現技法」です。

倒置法を使うと、伝えたいことを聞き手に印象づけられます。ただ繰り返し使いすぎないように注意しましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020