反復法とは何か?【例文でわかりやすく説明】

反復法について分かりやすく説明しよう。反復法は文章を上手に書くためのテクニックである。反復法を使いこなせると、リズミカルな文章を書けるようになる。また、詩の読解にも役立つ。

さて、この記事のゴールだ。約3分後には次のようになってほしい。

  1. 反復法を知っている
  2. 反復法を使った文が分かる
  3. 反復法の効果を知っている
  4. 反復法を使った文を書ける

それでは、反復法の説明を始めよう。

反復法とは何か?

まずは「反復法とは何か?」を知ろう。参考書には、次のように書いてある。

反復法とは「同じ語を繰り返して文意を強める表現技法。」である。

 

(出典:自由自在 中学国語)

正直、少し分かりづらい。もう少し簡単にいうと、反復法とは「同じ文をいくつも並べて、その文の意味を強めるテクニック」である。

MEMO
反復とは「同じことを何度も繰り返すこと」

反復法は「畳句」や「リフレイン」や「繰り返し」と呼ばれることもある。

反復法を使った例文

次に、反復法を使った例文を見ていこう。反復法が使われている文を見抜けるようになってもらいたい。

「あつい、あつい、あつい、あつい。」

真夏の炎天下にて、暑いという気持ちをぶちまける時にこのように叫んだりする(だろうか?)。

「あつい」という文が何度も繰り返されており、反復法である。反復法によって「あつい」という気持ちを強調している。

「一生に一度のお願い、一生に一度のお願いだから、ねっ?!」

「一生に一度のお願い」という文が何度も繰り返されており、反復法である。

「一生に一度」を繰り返すことで、めちゃくちゃ大事なことだと言おうとしている。強調されている。

「私は天才。天才は私。」

「私は天才」と「天才は私」という似た形で意味も同じ文が2つ並んでおり、これも反復法である。

あえて「私」と「天才」の配置を入れ替えたことで、私が天才であることを更に強調している。大袈裟すぎるため、ちょっと滑稽でおかしさのある表現とも言える。

反復法の効果とは?

つづいて、反復法の効果を見ていこう。おもに2つである。

①調子・リズムを整える

反復法は文の調子・リズムを整える。同じ文が繰り返されるので、音数が同じになり、リズミカルな印象が出る。

結果として、反復法を使った文は覚えやすい。対句法と同じく、お笑いのリズムネタが耳に残る現象と同じだ。

②文の意味を強調する

反復法は文の意味を際だたせる。同じ文が何度も登場してくるから、強調されるのは当然だ。そのため、メッセージを伝えるのに反復法は役立つ。

反復法を使ってみよう

最後に、反復法を使って作文してみよう。穴埋め問題にしてみた。ぜひ言葉を埋めてみてもらいたい。(反復法は穴埋め問題が多いため。)

「お腹がすいた!(  )」

同じ文を繰り返して反復法にしよう。「お腹がすいた!」が正解。

「今日は中華にしよう、(  )」

同じ文を繰り返して反復法にしよう。「今日は中華にしよう」が正解。

「そうだ京都に行こう、(  )」

同じ文を繰り返して反復法にしよう。「そうだ京都に行こう」が正解。

まとめ

ゴールを達成できただろうか?

  1. 反復法を知っている
  2. 反復法を使った文が分かる
  3. 反復法の効果を知っている
  4. 反復法を使った文を書ける

まだ不安が残っていれば、この記事を再読いただきたい。ぜひとも反復法を使って、リズミカルな文を書いていきましょう。

参考書籍

この記事は【自由自在 中学国語(新装版)】を参考にしている。とても詳しく面白い。オススメです。