水草水槽の立ち上げ方【初心者向け】

ガラス面に張り付くサザエ石巻貝

おしゃれな部屋作りに、水草水槽はいかがでしょうか?

美しい水草や可愛いエビは、あなたの癒しとなってくれます。

こちらのページでは「水草水槽の立ち上げ方」を紹介。

初心者向けに60cm水槽で立ち上げる想定で、道具・手順を掲載しています。

それでは、見ていきましょう。

水草水槽を立ち上げる前に

ガラス面に張り付くサザエ石巻貝

水草水槽を立ち上げる前に以下の3点を考えておく必要があります。

床の耐荷重を確認する

一般的な住居の床の耐荷重は180kg/㎡です。

1m×1mの床に180kg以上の物を置くと、床が抜ける恐れがあります。

水槽を設置する事で床にかかる重さを見ていきましょう。

水槽+水+水槽台+器具で重さを計算します。

水槽のサイズ 幅×奥行×高さ 重さ(kg)
水槽 水槽台(木製) フィルターなど 合計
30cm規格 30×18×24 4 13 13 2 32
45cm規格 45×24×30 7 32 18 2 59
60cm規格 60×30×36 14 65 20 2 101
90cm規格 90×45×45 40 182 29 2 253
120cm規格 120×45×45 60 243 39 2 344

30cmから60cmの水槽を設置しても101kg以下です。安心して置く事が出来ます。

一方、90cmから120cmの水槽を設置するなら、床下の構造を確認しましょう。

使う水槽のサイズを選ぶ

初心者には60cm水槽がオススメです。

理由は2つあります。

  1. 60cm水槽用のアクア用品が多い
  2. 60cm水槽は水質を維持しやすい

60cm水槽用のアクア用品が多い

色んなサイズの水槽がある中で、60cm水槽は最も普及しています。次の表を見てください。

水槽のサイズ LEDアクアリウムライトの商品数
30cm以下 100件
45cm 61件
60cm 81件
90cm 51件
120cm 26件

こちらはネットショップのチャームで販売しているLEDアクアリウムライトの件数です。

30cm以下の水槽用が100件、次に60cm水槽用が81件と多いことが分かります。

商品の種類が豊富な方が、選択肢が広がり、コスパの良い商品を選ぶことが出来ます。

よって、初心者におすすめの水槽のサイズは30cm水槽か60cm水槽となります。

60cm水槽は水質を維持しやすい

では30cm水槽と60cm水槽どちらがオススメでしょうか?

結論から言いますと「60cm水槽がオススメ」です。

水槽は小さいと水量が減ります。水量が少ないと、ほんのちょっとの作業ミスで水質がガラッと変化します。

つまり30cm水槽と60cm水槽では「60cm水槽の方が水質の維持が簡単」ということです。

水槽メーカー7社を比較してみた【60cm水槽】

レイアウトを考える

水草水槽を立ち上げる前に、レイアウトを考えておきましょう。

水草水槽のレイアウトとは「水景の構図」です。2つの構図を意識することが重要です。

  • 横から見たときの構図
  • 前から見たときの構図

詳しくは下記のページでご紹介します。

水草水槽の前景水草水槽のレイアウトの基本【2つの構図】

世界水草レイアウトコンテストとは?

また上級アクアリスト達が作った水草水槽を見て、レイアウトのイメージを膨らますのがオススメです。

「世界水草レイアウトコンテスト」という大会があります。全世界の水草水槽の愛好家が水景を競うコンテストです。

過去の受賞作品をホームページで確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

参考 世界水草レイアウトコンテスト世界水草レイアウトコンテスト

水草水槽を立ち上げる手順

この項では60cm水草水槽を立ち上げる場合を例に、手順について解説します。

水槽を設置する

STEP.1
水槽にバックスクリーンを貼る。

器具を設置する

STEP.4
外部フィルターを設置する。
STEP.5
co2添加装置を設置します。
STEP.6
アクアリウムライトを設置する。

水草をレイアウトする

STEP.8
底砂を敷く。
STEP.9
ソイルに水草を植える。
STEP.10
レイアウト素材に水草を活着する。
STEP.11
水を注ぐ。

水温を管理する

STEP.12
水温計を設置する。
STEP.13
ヒーターを設置する。※冬限定
STEP.13
冷却ファンを設置する。※夏限定

水換えする

STEP.14
最初の1週間:毎日水換えする。
STEP.15
2週目:2日に1度は水換えする。
STEP.16
3週目以降:週に1度は水換えする。

生体を投入する

STEP.17
バクテリアが定着する。
STEP.17
コケ取り生体を水合わせする。

水草をトリミングする

以上で水草水槽は完成となります。

水草水槽のメンテナンス

この項では水草水槽のメンテナンスについて解説します。

コケ

コケは水草水槽で必ず発生します。

水槽のコケを対策する7つのやり方

濁り

濁りが発生することもあります。

水が濁った水槽水の濁りの対策方法【水槽】

ミズミミズは水質悪化のサインです。

水槽の細長い虫(ミズミミズ)を減らす方法

水垢

水垢はこまめに掃除するほかありません。

水垢の掃除のやり方【水槽】

臭い

臭いも水質悪化のサインです。

水槽の臭いを消す方法

掃除

外部フィルターは時々掃除しましょう。

水槽のコケを対策する7つのやり方

さいごに

水草水槽に必要なものを解説しました。水草水槽を誰でも立ち上げられる環境は整っています。

実際に自分で水草水槽を立ち上げてみましょう。脳内でシミュレーションすることこそが、水草水槽の第一歩です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020