スマホでPythonのプログラムを書けるサービス「binder(元tmpnb)」とは?

Pythonを使ってみたい。

スマホでPythonできるの?

面倒は嫌だ。

そんな貴方に役立つサービスをご紹介します。

記事の内容

  1. binderをご紹介する
  2. プログラムを書いてみる

著者紹介

こんにちは、京都たわをです。

スマホでPythonを書ければ……

移動中に勉強出来るなぁ。

という感じで使い始めました。

こちらを参考にしています

みんなのPython
created by Rinker

スマホでPythonのプログラムを書けるサービス「binder(元tmpnb)」とは?

スマホでPythonのプログラムを書けるサービスがあります。

binderです。

http://jupyter.org/try

主なメリットは下記の通り。

  • ユーザー登録不要
  • 利用無料

よってサクッと使えます。

ありがたいサービスです。

MEMO
もともとはtmpnbというサイト名だったと認識しています。

binderでプログラムを書いてみる

試しにbinderを使ってみましょう。

超絶簡単なプログラムを書いてみます。

それでは、、

let’s programming。

binderを立ち上げる

http://jupyter.org/try

上記をタップ。

このような画面が出ます。

少し下に進んでもらって、下記をタップ。

jupyterです。

そうなんです。

binderはjupyterのサービスです。

ここからは画面が自動で変わります。

青と赤と黄色がクルクル回ってます。

少し待つと下記の画面になります。

これでbinder立ち上げ完了です。

プログラムを書く

お知らせとか消します。

消します。

消します。

Python3をタップします。

作業スペースが見にくいので、サイドバーを消します。

この辺りを2回タップしたら消せます。

ということで、プログラムを書けるようになりました。

例えば、、上記のようにプログラムを書いて、実行してみます。

無事、アウトプットされました。

Pythonの簡単な練習に使うには便利ですかね。

まとめ

ということで、スマホでPythonのプログラムを書けるサービスについてご紹介しました。

繰り返しになりますが、メリットは…

  • ユーザー登録不要
  • 利用無料

ですね。

ぜひ試してみてください。

ひとこと

let’s programming。

こちらを参考にしています

みんなのPython
created by Rinker
SNSも更新中。

最後までありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019