かんたんな水草水槽の始め方

リセット前の素材集め。現在の水槽の石を回収ーっと。【ロタラの森立ち上げpart3】

おつかれさまです。たわをです。

現在のレイアウトを崩していきます。


さて、新たな木化石と流木の購入は終えました。

ですが、次のレイアウトではソイルと化粧砂の敷きわけを、60センチメートル水槽の端から端まで配置したいので、量が足りません。到底。

なので、今のレイアウトで使っている木化石を回収して、新たなレイアウトでも再利用する必要があります。

今の石垣レイアウトを崩して、木化石を回収していこうと思います。

勢いよく取り除こうとすると、石とソイルの隙間に溜まったゴミが舞い上がりました。当然ですが…。

ゆっくりと、ヤマトヌマエビにも、レッドチェリーシュリンプにも、ましてやサザエ石巻貝にも、バレないように石を持つのがコツです。

こっそり石を抜き取りましょう。


ここまで生体には全くバレていません。バレてません。

水槽に手を突っ込むと、皮膚についた脂や汚れで水質変わるんじゃないかって不安になります。

というのも、瞬間湯沸かし器の湯気で右手を火傷してしまい、エアーサロンパスしてたんで。

右手は使わんよーにしましたよ!

そっとそっと、手を動かしましょう。

ゴミが舞うのは仕方ないですが、水槽全体の水を濁してはいけないです。エビちゃんが可哀想ですのでね。

まぁ、濁したら、エアレーションしとけば、オッケーでしょう。すぐに綺麗になるはずです。

木化石取り出し完了!


取り出して机の上に置きました。

南米ウィローモスが活着しております。これは、ソイル流出の防止のために、石と石の隙間にハメていた南米ウィローモスですな。

普通のウィローモスに比べると、南米ウィローモスは短期間で伸び伸びにならないので便利です!

トリミングいらず!

石を取った跡地にはヤマトが。


分かりにくいですね。

こちらです。


石の裏には、微生物(バクテリア)がたくさん生息してたのかもしれませんねー。

バクター100(ADAが出してる粉末型バクテリア←休眠中)を食いまくるうちのヤマトが寄ってくるとしたら、、そのくらいしか理由がない。

木化石を全部取り除きました。


木化石を全て取り除きましたよ。

意外ですが、ソイルは前へと流出してきません。ロタラが根を張ってくれたからかな?


これで、次のレイアウトの完璧なシミュレーションが出来るね!

しかし、リセットをしたいと決めてから、実際に完了するまで、時間がかかりますな。

アクアリウムってこの立ち上げ(リセットからの立ち上げ?)作業が面白いんですよねー!

リセット構想を考えすぎて、頭が熱くなって、寝れなくなって、水槽を少しいじってしまう感じ。

楽しい!

以上、おつかれさまでした。

京タワヲでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017