水槽の水温低下のデメリットとメリット【エビは大集合・ミズミミズは消滅?】

休日アクアリストの京都たわをです。

冬に水槽の水温を下げてしまったことがありますか?

水温低下すると水槽の生体・水草に影響を与えます。とくに生体は敏感に反応します。エビは冬眠のような状態になりますね。

じゃあ水温低下したらどうしたらいいの?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

MEMO
この記事は私の水槽の写真を掲載しています。

Point

  1. 水温低下のデメリット:生体が動かなくなる
  2. 水温低下のメリット:ミズミミズが減る?
  3. 下がった水温を元に戻す方法:エアコン&エアレーション

水槽の水温低下のデメリットとメリット【エビは底床に、ミズミミズは消滅?】

水槽の水温低下のデメリットとメリット【エビは大集合・ミズミミズは消滅?】

冬に水槽のヒーターをつけわすれると、すぐに水温は下がります。

本記事は、過去に私がヒーターを付け忘れて水槽を13℃にした時の体験がベースです。申し訳ないですが、「おそらく・・」という内容が多いです。

水槽のヒーターの位置、1番良いのはどこか?→排水口の下【隠すのはレイアウトで】

水温低下のデメリット

生体が動かなくなります。

私の水槽では、エビが底床の上に集合していました。コケを食べる様子もなく、じっとした状態です。

おそらく・・・ですが、これはエビにとっては良い状態ではないでしょうね。

エビの寿命を縮めてしまっただろうなと思います。

水温低下のメリット

ミズミミズが減りました。

私の水槽はミズミミズが大量発生していたのですが、13℃にした事をきっかけに減っていきました。

これもおそらく・・・ですが、水温低下がミズミミズに影響を与えたのかなと思いましたね。

偶然、水質が良くなるタイミングとかぶったのかもしれませんが。。

水槽の細長い虫(ミズミミズ)を減らす方法とは?【大量発生するよね】

下がった水温を元に戻す方法

エアコンによる部屋の暖房とエアレーションです。

STEP.1
部屋の空気をあたためる
STEP.2
エアレーションで水槽の水に空気を送り込む
STEP.3
水槽の水が温まる

かなり原始的な方法ですね。この方法で2時間かけて約6℃上昇しました。

ひとたび下がった水温を再び上げるのに時間がかかります

水槽のエアレーションの簡単なやり方を解説します【水しぶきに蓋】

まとめ

水温低下に対応できそうですか?

いまヒーターがついているか確認しましょうね。

Point

  1. 水温低下のデメリット:生体が動かなくなる
  2. 水温低下のメリット:ミズミミズが減る?
  3. 下がった水温を元に戻す方法:エアコン&エアレーション

Lastly

いまヒーターついてますか?

Appendix

もっと詳しく知りたいよっていう方におすすめの参考図書は、次のとおり。

created by Rinker
¥1,760 (2020/02/27 13:36:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/27 20:38:59時点 Amazon調べ-詳細)

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020

2 COMMENTS

アクア街道通行人

京タワヲさん、はじめまして
水温が急激に下がると、底に集合しちゃうんですね!
興味深いです
でも、大事にならなくて何よりです

京タワヲ

こんにちは〜!
底の方が水の流れがなくて温かい水が残っていたのかも知れないです。ほんとに、この時から⭐️になっている子もいないんで、良かったですよー。
ありがとうございました

現在コメントは受け付けておりません。