水槽の夜間エアレーションを止めて水の色を変える悲劇と目的

ヤマトヌマエビにウィローモスの上に皮を置かれた

 

結論!

  1. 夜間エアレーションはバクテリアを定着させる
  2. 夜間エアレーションは生体の酸欠を防止する
  3. 夜間エアレーションが止まると水が少し黄色くなった

夜間エアレーションはバクテリアを定着させる

さて夜間エアレーションを実施していますか?

「水草水槽において、水草が光合成を行わないLEDライトの消灯時間に、エアーポンプで水槽に酸素を供給すること」です。


アクアリウムで水槽を立ち上げると「まずはバクテリアを増やしましょう。」とよく聞きます。

バクテリアには生体の糞や餌の食べ残しを綺麗にするものや、アンモニウムなどの有害物質を浄化するものがいます。

バクテリアを素早く定着させて増加を促すというのは大事です。

水が透明になり生体や水草にとって住みやすい環境になるわけですからね。

バクテリアを定着させるには、大気中のバクテリアを水槽の水へと引き込む必要があります。

夜間エアレーションは生体の酸欠を防止する

というわけで、エアレーション!

LED消灯時間は水草が光合成を止めるので、代わりにエアレーションというカラクリです。

LED点灯時間に水草がしっかり光合成をしており、水槽内に酸素が残っていれば、エアレーション無しでも問題なさそうです


生体もバクテリアと同じく呼吸しています。

夜間エアレーションには生体が呼吸するための酸素を提供する役割もあります

夜間エアレーションが止まると水が少し黄色くなった

いやーつい最近やってしましました。

約1週間半、エアレーション止まってました

掃除した時に電源を抜いたままにしてたようです。


そもそも水草が少なく酸素が足りていないと思われる僕の水槽では夜間エアレーションは必須になっています。

そんな状況でエアレーションが止まっていたからか、バクテリアが死んでいった恐れがあります。

徐々に水槽の水が黄色くなってきたのも、生体の糞や餌の残りを分解するバクテリアが減ったせいかもしれません。

あまり気にせず、エアレーション復活

いぶきエアストーン セラミックエアストーン 丸 直径25180です。

大きいエアストーンの方が静か。空気がストーンの隙間を通過するときの甲高いキーキー音がありません。

ですが静かさはいぶきエアストーンの小サイズと比べると、あまり変わらない気がします。

いぶきエアストーンの製品自体が大小関係なく有能なんでしょうね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2019