水槽の夜間エアレーションのやり方【コケ防止・酸欠防止】

水槽の夜間エアレーションとは「アクアリウムライトを点灯していない時間に、エアレーションをすること」です

「コケ防止」「酸欠防止」などに使われるテクニックです。

必要な道具は6つで、予算は3,500〜4,000円ほどです。

こちらのページでは夜間エアレーションに必要な道具と設置手順を写真付きでご紹介。

また夜間エアレーションの必要性について「コケ防止」と「酸欠防止」の仕組みを掲載しています。

水槽の夜間エアレーションのやり方

それでは夜間エアレーションのやり方を紹介します。

夜間エアレーションに必要な道具

タイマーの写真タイマー

1個

エアーポンプの写真エアーポンプ

1個

エアストーン

1個

エアチューブ

3メートルほど

逆流防止弁の写真逆流防止弁

1個

キスゴム

4個ほど

あると便利な道具

チューブカッター

1個

夜間エアレーションに必要な予算

3,500円ほど
※チューブカッターを除く

夜間エアレーションを設置する手順

STEP.2
タイマーの設定時間を「照明が点灯していない時間にONとなる」ように合わせる。

STEP.3
タイマーにエアーポンプのプラグを差す。

水槽の夜間エアレーションの必要性

なぜ夜間エアレーションが必要なのでしょうか?夜間エアレーションのメリットについて深掘りしたいと思います。

おもなメリットは2つです。「コケ防止」と「酸欠防止」です。

夜間エアレーションでコケ防止

まず夜間エアレーションはコケ防止の効果があります。

コケ防止の仕組み

STEP.1
アクアリウムライトの点灯が消える。

STEP.2
コケは少しの光とco2で成長する。

STEP.3
夜間エアレーションで水中からco2が追い出される。

STEP.4
コケはco2が足りなくて成長が鈍る。

夜間エアレーションで酸欠防止

また夜間エアレーションには「酸欠防止」の効果があります。

MEMO
酸素は生体だけでなくバクテリアにも必要です。

酸欠防止の仕組み

STEP.1
アクアリウムライトの点灯が消える。
STEP.2
水草の光合成が止まる。
 
STEP.3
水中の酸素が無くなっていく。
STEP.4
夜間エアレーションで水中に空気を送り込む。

まとめ

この記事では「夜間エアレーションのやり方」と「夜間エアレーションの必要性」を紹介しました。

夜間エアレーションは水槽立ち上げで必須なので、是非ともマスターしてくださいね。

以上、ご閲覧ありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020