かんたんな水草水槽の始め方

60cm水槽の水換え(10リットル)は「スノコ」で7分楽して溢さず。【アクアリウム】

こんにちは、たわをです。

京都は今日も曇りです。

春節だからか、街には中国人観光客が多く京都に訪れているようです。いつもより人の多い京都。

英語で道を聞かれる可能性も高まってます。だけども、英語で返答できないし、無視もできない。

結果、目的地まで連れて行くことになって、僕が行きたいところに行けなくなるんでね☠️

今日も家に引きこもってアクアリウムしますかー。

60cm水槽の水換え(10リットル)は「スノコ」で〇分⁉︎楽して溢さず。【アクアリウム】

さて、本日は”⭐️になったシュリンプとミズミミズの大量発生“を改善します。

https://tawawo.com/aquarium/post-2436/

水槽内にある製造ラインの安定稼働を目指します。

  1. エビたちが藻を食べて、糞をする。
  2. バクテリアがエビの糞・餌の余りを分解する。
  3. 水草たちが水槽内の栄養で元気に育つ。
  4. ロックシュリンプは何もせずに餌を食う。

製造ラインのどの工程においても、負荷が高くなりすぎないように、コントロールしてあげます。

どこかの工程で負荷が高くなると、やることが多すぎて人員が足りなくなります。

エビたちの糞が多すぎて、バクテリアが分解しきれないとか。

2日に一度の水換え(10リットル)だ!

まぁ、いろいろ考えることはありますが、ひとまずエビたちの糞を取り除く為に水換えをして行きます。

バクテリアがエビたちの糞を分解する工程の負荷を下げてあげます。これにより、アンモニアの発生を抑える狙いです。

週に一度の水換え(20リットル)から、2日に一度の水換え(10リットル)へとペースアップします。

10リットル水換えに使うアイテム


水換えも20リットルと10リットルでは、水を出すときはどちらも同じプロホースを使用していますが、水の入れ方は変えています。

20リットルの場合、水流ポンプを使って水を入れています。カミハタのRIOなんやらいうやつです。

水流ポンプを使うと、水入れは非常に楽にできます。アクアリウムをやるなら、1つあって損はないアイテムです。

だけども、水流ポンプは使った後は乾かさないといけないので、少し面倒なんです。片付けを楽にする為にも、水換えに使うアイテムは少なくしたい。

なので、10リットルの場合、水流ポンプは使いません

代わりに、このアイテムを使います!

ス    ノ     コ!!


スノコ!!

あれ、違う。

木製 水槽用作業台でしたか。スノコでいいんちゃうんかな。

今回もチャームで購入しました。1,780円くらい。利用頻度を考えると、かなりコスパは良いかなと思います。横30×縦33のサイズで、60cm水槽用です。

そして、もう1つは10リットルバケツです。こちらもチャームで買いました。

このバケツは水あわせグッズのオマケでした。バケツというよりは、外部フィルターのろ過材の箱なんですけどね。

これはかなり良い!

色んな熱帯魚やエビたちの写真がプリントされていて可愛いし。お気に入りのアイテムです。

10リットル水換えをやっていきます。


まずスノコを水槽にのせます。(10秒)


バケツを載せます。(10秒)


プロホースで水入れ開始します。(40秒)

水が止まったら完了です。(6分)

合計:7分❗️

この方法、オススメです。手が水に濡れず、床にも水をこぼさない。

賃貸に住んでいると、アクアリウムをしていて、床に水をこぼすのは結構気を使うものです。

そういうストレスをなくす為に、このスノコは必須かもしれないですな。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017