\詩の知識 一覧/

木のシンボルの意味とは?言葉の意味・類語・使い方・実例など

木は、生命・豊穣・成長・生・死・不死・再生・避難所などのシンボルです。自然や植物のジャンルに分類されます。日本では、気の利かない人という意味を持ち、ネガティブな意味でも使われます。

ひらがな
カタカナ
漢字 木・樹
英語tree・wood
ジャンル自然・植物
キーワード 生命・豊穣・成長・生・死・不死・再生・避難所

言葉の意味・類語

辞書のシンボルマーク

言葉の意味

  1. 地上部の茎が木質化している多年生の植物。
  2. 年月を経て、節が多くなった木の根や幹。
  3. 材木。
  4. 気のきかないこと。また、そのさまや、そのような人。
  5. うわべを飾らない。木訥(ぼくとつ)。

類語

  • 樹木
  • 成木
  • ツリー
  • ウッド

シンボルとしての意味

生命

一般的な木のシンボルというときの「木」は、「生命の木」を指すことがあります。

生命の木は、冥界・地上界・天界の3つの世界を結びつける木です。根は冥界、幹は大地、葉は天に所属します。

知恵の木とともに宇宙樹(世界樹)となります。

豊穣

木は果実をつける事があるため、豊穣を象徴します。

成長

木は天にむかって大きく成長します。

不死

常緑樹は、年中、葉がついています。そのため「死に対する勝利」や「永遠の精神」を象徴します。

再生

落葉樹は、ある季節になると葉を落とします。やがて再び葉をつける季節がやってきます。この周期性により、落葉樹は「絶え間ない再生」を象徴します。

避難所

原始時代に人間は木に住んでいました。そのため、木は避難所を象徴します。

シンボルの使い方

シンボルの実例

関連するページ

宇宙樹

世界樹ともいいます。

参考にした資料

  • イメージ・シンボル事典 | アト・ド・フリース
  • サイン・シンボル事典 | ミランダ ブルース‐ミットフォード

サイト

  • weblio国語辞典(デジタル大辞泉|小学館)