かんたんな水草水槽の始め方

水槽内の水流が滞っているかどうかは、水面を下から覗き込んで見れば分かる。

どうもです、タワヲです。

本日の水槽です。


右側のロタラ達(ロタラ・ナンセアン)が伸びまくりで水面まで到達したせいで、かなり渋滞してます。

水槽内の水流が滞っているかどうかは、水面を下から覗き込んで見れば分かる。

水流もうまく届いておらず。


左上の水面のように、CO2添加をしている間は、二酸化炭素の泡が一箇所に固定されて溜まってしまっています。

油膜になりそうな予感ですね。


このように、床に座り込んで水面を見上げると、CO2の水泡が動いておらず、水面の水の動きが止まっているのがよく分かります。

まぁ、原因は2つかな。

1つは、外部フィルターの排水部分の角度が、流木などのレイアウトと上手く合ってなくて、排水の勢いが削られているから。


もう1つは、浮き草のアマゾンフロッグピットが増えすぎて、水面を覆っている面積が多くなってしまって、水が流れる隙間がないから。

先日は浮き草のアマゾンフロッグピットの根のトリミングをしましたが、もはや、本体毎、間引かないといけないこもしれないですね。

そうなると、苔の発生が怖いですが。

岡崎の蔦屋書店にペッパーがいました。手相占いしてくれますよ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017