ハレとケとは、どういう意味か?【日常と非日常を分ける】

休日コピーライターの京都たわをです。

ハレとケをご存知でしょうか?

ハレとケとは、非日常と日常を表す言葉です。ハレが非日常で、ケが日常です。たとえば記念日はハレで、普段の日はケです。

ハレとケは日本古来の風習・習慣です。実は私たちの考え方にも根付いていますよ。

ハレとケについて、もうちょっと教えてくれる?ーー

そんな皆さんが「はいはい…そんな感じか…ふむふむ」と役に立つ内容を書いていきます。

さあ、見ていきましょう!

Point

  1. ハレとは?→節目
  2. ケとは?→日常
  3. 日常生活のハレのグッズをご紹介します

ハレとケとは何か?

ハレとケとは何か?

それではハレとケについて解説します。

ハレとは?→節目

ハレとは非日常を表す言葉です。

ハレの日というと節目となる日のことを指します。たとえば次のような日です。

  • 七五三
  • 成人式
  • 結婚式
  • 正月
  • お盆

このような感じです。冠婚葬祭に関わる日が多いですね。日常生活ではない日を、ハレの日といいます。

またハレは晴れと書きます。晴れを使った言葉も色々ありあす。次のとおりです。

  • 晴れ舞台
  • 晴れ着
  • 晴れ姿

といった感じです。ハレの日はご馳走や衣装を着て過ごします。

非日常的な場面をハレ・晴れと呼ぶわけですね。

ケとは?→日常

ケとは日常を表す言葉です。

あまり聞きませんが、ケの日とは日常生活のことです。たとえば次のような日ですね。

  • 普段どおりの日
  • 学校に行く日
  • 会社に行く日

などなど。普段の生活は人それぞれです。皆さんが普段の生活だと思う日が、ケの日となります。

ケの日があるから、ハレの日があるということです。ハレとケは、一揃いなんですね。

また庶民の生活の中で醸成された考え方なんですよ。侘び寂びと同じようにね。

ハレとケの具体例

私たちの生活にもハレとケの考え方は根付いています。

たとえば旅行中はハレです。次のような行動をとったことはありませんか?

  • パーッと美味しいものでも食べよう
  • 思い切って高級ブランドの物を買おう
  • 短い距離だけどタクシーに乗っちゃおう

このような感じですね。私はいつも旅行中は気が大きくなってしまいます。ハレとケが日本人の精神に根付いているからかもしれませんよ。

ただ最近ではハレとケの境目が無くなってきています。普段からハレの日にすることを行うようになってるわけですね。ちょっとしたご褒美的なことです。

普段の日・そうではない日を分けて行動を変えるのは、ハレとケの風習と言えます。

日常生活のハレをご紹介します

次に日常生活のハレのグッズをご紹介します。

aesop ハンドソープ

ちょっと良い手洗いをしたくありませんか?

少し高価なハンドソープを使うのもいいものです。aesopのハンドソープは香りが良くて、非日常的な感覚を味わえます。

Aesop ハンドウォッシュ
created by Rinker
¥3,942 (2020/03/28 06:42:00時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

ハレとケについてご理解いただけましたか?

ハレとケの考え方を意識すると、無意識の行動の理屈が分かるかもですよ。

Point

  1. ハレとは?→節目
  2. ケとは?→日常
  3. 日常生活のハレのグッズをご紹介します

Lastly

たまにはリッチに過ごそう
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020