【紅茶のカフェインの効果とは?】コーヒーと違って穏やか

紅茶愛好家の京都たわをです。

紅茶のカフェインについて説明します。

紅茶にはカフェインが含まれている。もちろん周知の事実です。

では、どのような効能があるのか?他の飲み物に含まれるカフェインと違うのか?

この辺りを解説します。

Appendix

本記事は「最低限の紅茶リテラシーが身につく」をコンセプトにしています。

もっと詳しく知りたい方は参考図書を活用ください。

紅茶カフェインの効果とは?【コーヒーとの違い】

紅茶カフェインの効果とは?【コーヒーとの違い】

カフェインの効能は多い

カフェインの効能をご存知でしょうか?

眠気覚ましが有名ですよね。

ただ、

それだけではありません。

  1. 眠気を覚ます
  2. 集中力を高める
  3. 疲労を回復する
  4. 脂肪を燃焼しやすくする
  5. 消化を促進する
  6. 利尿作用
  7. デトックス作用

カフェインには上記の効能があります。

とても多いですね。

仕事や勉強にカフェインは相性抜群です。

紅茶のカフェインは穏やかに効く

では、紅茶のカフェインは、他のカフェインとどう違うのでしょうか?

紅茶のカフェインは穏やかに効能を発揮します。

紅茶のテアニンがカフェインの興奮作用をおさえるからです。

テアニンとはアミノ酸です。

紅茶の旨みとなる成分です。

紅茶はテアニンを多く含むので、カフェインの興奮作用が弱まります。

よって、紅茶を飲むとリラックスした気分になれるわけです。

紅茶のカフェインはコーヒーの半分

紅茶はどれくらいカフェインを含むのでしょうか?

紅茶のカフェインはコーヒーの約半分です。

100mlに含まれるカフェイン

  • コーヒー:約60mg
  • 紅茶:約30mg

出典:
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine

がつんと刺激が欲しい。眠気をしっかり覚ましたい。

そんな時はコーヒーを。

ほっとした気分になりたい。気持ちを穏やかにしたい。

そんな時は紅茶を。

飲み分けてみては、いかがでしょうか?

まとめ

紅茶のカフェインの効能について分かっていただけましたか?

紅茶リテラシーがぐーんと上がっていますよ。

いい感じです。

Point

  1. カフェインの効能は多い
  2. 紅茶のカフェインは穏やかに効く
  3. 紅茶のカフェインはコーヒーの半分

Lastly

ぐびぐび飲みたい時は紅茶かなー

Appendix

下記を参考にしています。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020