【紅茶の効能とは?】主成分の働きを解説します【カフェイン・タンニン・テアニン】

紅茶愛好家の京都たわをです。

紅茶の効能について説明します。

紅茶の効能は複数あります。

たとえば、眠気覚まし。有名ですね。紅茶はカフェインを含むと、知れ渡っているからです。

そして、事実、その通りです。でも、紅茶はカフェイン以外の成分も含んでいます。

紅茶の効能は色々あります。

この辺りを解説します。

Appendix

下記を参考にしています。

紅茶のおもな成分は「カフェイン、タンニン、テアニン」

紅茶のおもな成分は「カフェイン、タンニン、テアニン」

紅茶の味を左右する成分

紅茶の主な成分は下記のとおり。

  1. カフェイン
  2. タンニン
  3. テアニン

3つの成分がメインです。これらは効能を生むだけではありません。

紅茶の味を作る役割も担っています。

  • カフェイン:苦み
  • タンニン:渋み
  • テアニン:旨み

タンニンはカテキンです。テアニンはアミノ酸です。

また紅茶は他の成分も、含んでいます。

  • ミネラル
  • ビタミンB群
  • フッ素

これらの成分が効能を生み出します。

紅茶の効能は、10種類以上ある。

紅茶の効能は多いです。こんな時に飲むと効果的でしょう。

  • 眠気を飛ばしたい時
  • 風邪、インフルエンザにかかりたくない時
  • 虫歯、口臭が気になる時
  • しんどい気持ちになった時
  • ダイエットをしている時

ちなみに成分ごとの効能は、次の通り。

カフェインの効能

  • 眠気覚まし
  • 疲労回復
  • 消化促進
  • 脂肪燃焼
  • 利尿作用

タンニンの効能

  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 口臭予防

テアニンの効能

  • リラックス効果

フッ素の効能

  • 虫歯予防

ビタミンB群の効能

  • 美肌効果

多すぎる!

紅茶のカフェインについて

紅茶のカフェインの効能は、コーヒーと比べると、穏やかだと言います。

これは紅茶のテアニンが、カフェインの作用を抑えるからです。

まとめ

紅茶の効能について、ざっくり分かりましたか?

これで紅茶リテラシーが、ぐーんとあがりました。

Point

  • 紅茶のおもな成分は「カフェイン、タンニン、テアニン」
  • 紅茶の効能は、10種類以上ある。眠気覚まし・疲労回復・消化促進・脂肪燃焼・利尿作用・抗菌作用・殺菌作用・抗酸化作用(アンチエイジング)・口臭予防・リラックス効果…など

Lastly

つらい時は紅茶を飲めば何かが良くなるかもしれない

Appendix

下記を参考にしています。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020