【紅茶とは何か?】作り方を解説します【緑茶、烏龍茶との違いは発酵】

紅茶とは何か?

どう作られているか?

緑茶、烏龍茶との違いは?

これらの疑問に答えます。

Profile

紅茶愛好家の京都たわをです。

紅茶リテラシーをぐーんと上げましょう。

今回のポイントは、こちらです。

Point

  1. 紅茶は「茶の木」から作る(what)
  2. 紅茶は、緑茶や烏龍茶より発酵させて作る(how)

Appendix

下記を参考にしています。

紅茶は「茶の木」から作る

紅茶は緑茶や烏龍茶と同じ「茶の木」から作られる

まずはwhatについて。

紅茶は何で作られているのか?

それは「茶の木」です。

茶の木とは?

茶の木とはツバキ科の常緑樹です。

色んな名前を持っています。

  • チャノキ
  • チャの木
  • 茶樹
  • チャ

葉や茎を加工したものが「茶葉」です。

紅茶の茶葉は、茶の木から作ります。

緑茶、烏龍茶の茶葉も、茶の木から作ります。

つまり原料は同じ、というわけ。

品種は2つある

とはいえ、茶の木には品種があります。

2品種です。

  1. 中国種
  2. アッサム種

アッサムとは、インドのアッサム地方です。

アッサム地方で発見された茶の木なので、アッサム種。

紅茶は、中国種とアッサム種の両方で作られています。

緑茶や烏龍茶は、中国種がメインです。

紅茶は、緑茶や烏龍茶より発酵させて作る

続いて、howについて。

紅茶はどう作られるか?

製造方法は「摘む、揉む、発酵、乾燥」

紅茶の製造方法をざっくりまとめます。

  1. 茶葉を摘む
  2. 茶葉を揉む
  3. 発酵させる
  4. 乾燥させる

この通りですね。

もう少し細かな工程もあります。

ですが最低限のリテラシーを身につけるだけなら、これでOKでしょう。

(揉みやすくするためにしおらせるとか、茶葉をふるいにかけるとか。)

紅茶は完全に発酵させる

紅茶、緑茶、烏龍茶の原材料は同じでした。

では、なぜ違うお茶になるのか?

それは「発酵させ具合」です。

  • 紅茶:完全に発酵させる
  • 烏龍茶:途中で発酵を止める
  • 緑茶:発酵させない

ここでいう発酵は、微生物の力による発酵とは違います(納豆や日本酒など)

茶葉に含まれる酸化酵素によって成分が変化することを、発酵と呼んでいます。

発酵により、茶葉は色が変化します。

緑茶→茶色→黒褐色となります。

紅茶の出来上がりです。

まとめ

「紅茶とは何か」分かっていただけましたか?

紅茶リテラシーがぐーんと上がるのを体感していただけたことでしょう。

Point

  • 紅茶は、緑茶や烏龍茶と同じ「茶の木」から作られる(what)
  • 紅茶は、緑茶や烏龍茶より発酵させて作られる(how)

Lastly

紅茶って発酵させてたんやね

Appendix

下記を参考にしています。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020