紅茶をティーバッグで美味しく入れる【ティーポットに劣らない】

リテラシー愛好家の京都たわをです。

紅茶のティーバッグを上手に入れる方法について説明します。

紅茶のティーバッグをお湯につけるだけでしょ。

って思ってませんか?

でも実際はコツがあるんですよ〜

この辺りを解説します。

紅茶リテラシーとは?
紅茶の正しい知識を持ち、紅茶を楽しめる、美味しく飲めること。

Point

  1. お湯を沸かす
  2. カップを温める
  3. カップにお湯を注ぐ
  4. ティーバッグをカップに入れる
  5. 軽くティーバッグを揺らして、取り出す

Appendix

本記事は「最低限の紅茶リテラシーが身につく」をコンセプトにしています。

もっと詳しく知りたい方は参考図書を活用ください。

紅茶をティーバッグで美味しく入れる【ティーポットに劣らない】

紅茶をティーバッグで美味しく入れる【ティーポットに劣らない】

お湯を沸かす

まずお湯を沸かします。

水道水をくみ、95℃くらいを目指しましょう。

カップを温める

カップを温めておきます。

注いだお湯が冷めないようにするためです。

ティーバッグから茶葉の成分をしっかりと抽出するために、重要な工程です。

カップにお湯を注ぐ

ここがポイント!

カップにお湯を注ぎます。

ティーバッグを入れてからお湯を注いではいけませんよ。

なぜか?

ティーバッグは細かい茶葉が使用されています。

ティーバッグに刺激を与えると、渋みが出すぎてしまうからです。

ティーバッグをカップに入れる

それでは、

お湯が張ったカップに、ティーバッグを入れましょう。

コツはこちらです

  • そっとカップにティーバッグを入れる
  • カップの端からティーバッグを入れる

ここからは、

茶葉を蒸らします。

どう蒸らせばいいのか?

カップに蓋をして、茶葉を蒸らします。

便利なアイテムがあります。

  • ソーサー:カップの受け皿
  • 皿:なんらかの皿

ちなみに、

私は廃棄予定の会議資料を乗せて、茶葉を蒸らしてます。

カップに蓋をしてから、どれくらい待てばいいのか?

茶葉によります。

だいたい1〜2分ですね。

軽くティーバッグを揺らして、取り出す

最後に、ティーバッグを取り出します。

ティーバッグを軽く揺らしましょう。

なぜか?

エキスを絞るためではありません!

カップの紅茶の濃さを均一にするためです。

2〜3回ゆらして取り出します。

激しく揺すると、紅茶が渋くなってしまいます。

また分量を守りましょう!

ティーバッグ1つでカップ1〜2杯分程度ですね。

ご注意くださいませ。

まとめ

さて、

紅茶のティーバッグで美味しな紅茶をいれれそうでしょうか?

紅茶リテラシーがぐーんと上がっている証拠ですよ。

紅茶の種類はこちら。

初心者でも分かる紅茶の種類【産地、フレーバー、ブレンド】

Point

  1. お湯を沸かす
  2. カップを温める
  3. カップにお湯を注ぐ
  4. ティーバッグをカップに入れる
  5. 軽くティーバッグを揺らして、取り出す

Lastly

ティーバッグでも美味しい紅茶は入れられるよ!

Appendix

下記を参考にしています。

ご閲覧ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020