AIとアクアリウム始めました。

詩の意味が分からないなら、絵を鑑賞するように。その詩は美しい?

この本を読んで、すっきりしましたよ。

現代詩といっても、いろんなタイプがあるようです。

いま、僕もいろいろ詩を読んでて・・・正直う~~~んっといった感想が多いです。

それも詩を作っていれば、仕事のように、じょじょに分かると思っていましたが、 詩を作る上での悩みごとが噴出してきました。

 

 ・韻をふんでリズムよくしないといけないのかなぁ。

 ・隠喩とか直喩とか“タトエ”を上手につかわないと!

 ・言葉遊びにならないように、メッセージ性は絶対必要だよね。

 

詩を書く上でのテクニックとか、作者の解釈とか、を考え始めたわけです。

これらは、人生で唯一、詩を習った小学校や中学校の授業の内容でした。

そして、その結果、筆が止まってしまいました。

やっぱり詩ってよく分からんなぁ・・・

 

そこで、詩の書き方の本を読みたいなぁと、amazon.co.jpで探してみたところ、

ぎゃくに、詩の読み方が書かれていそうな本をみつけました。

「いろんな詩を読む方向性を整理できる」=「いろんな詩が書けるようになる!」

kindle版で購入しました。実は、まだ全部よめてません。

全体の“65%”くらいのところまで来ましたが、内容をベタな表現で言えば”目から鱗”。

今まで習ったことがない詩の読み方をkindleのノートにチェックしすぎちゃいました。

 

・過去体験を再現して共感を呼ぶ詩と、未来(存在しない世界)を創る詩があること。

 ・伝えたいメッセージが無い詩もある。表現したい言葉が先にある場合がある。

 ・教訓を効率的に伝達する必要はない。世の中の流れと逆だけども。

 ・形を楽しむ詩。音にして読めない詩がある。朗読が前提にあるのではない。

 ・やっぱり分からない・・・でも、そこに何かあるかもしれないという魅力。

 

まだ最後まで読んでないんですが、既に、なんかすっきりしました。

詩を読んで分からないというのは間違ってなかったんだと。

だから、詩が分からないという今の感想をそのまま受け入れよう。

絵を鑑賞するようなイメージで。その詩は美しいか?

 

この前、京都国立美術館で開催していた琳派展にも行きました。

ものすっごい混んでいて、日本人って絵が好きなの?とも思いました。

だから、絵を観れるなら、詩も読めると思うんですよ。

想像してみてください。

 

 あなたは美術館にいます。

 真正面の壁に1枚の絵、右隣りの壁にも1枚、その隣にもう1枚。

 いまから、この3枚の絵から好きなものを1つ選び、1票を投じます。

 

あたかもAKB総選挙みたいな感じです。

違和感を感じないシチュエーションだと思います。

こんな場合、おそらく、一番美しく好きだと思うものを選びますよね。

意味がわかるとか、わからないではない視点から、絵は観られると思います。

 

詩も同じで、分からない=ダメではないのだと思います。

意味が分からない言葉の羅列であっても、韻が踏まれてないものでも、あります。

美しいなぁと感じる詩。それに、好きな感じがする詩。

意味は・・・正直わからないけれども。

美しいと感じる。=自分にとって良い詩

 

詩がわからないなら、そのままにしておきましょう。

絵をみて、意味だけを求めないでしょう?

何世紀のどういう思想の・・・とか聞いて好きになりますか?

 

だから、どう感じるか。 好きかどうか。 美しいかどうか。

 

ということで、「今を生きるための現代詩」。

詩を作っている時のモヤッとした悩みが解決できる良本でした。

早く続きを読んでしまおう~。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください