文系ですが、人工知能はじめました。

【Python入門】小学生の引き算、のこりはいくつ?

京都たわを

おつかれさまです。工場で働く文系サラリーマン 京都たわをです。よろしくお願いします!プロフィールはこちら。
本日のテーマは・・・小学生の引き算、のこりはいくつ?です。

ガイドさん

引き算を求めよ。

  1. 2ひく1は?
  2. 10ひく5ひく2ひく1は?
  3. 100ひく50は?
  4. 1ひく2は?

解説とポイント

京都たわを

ほぼ想定してた解答になりました。とてもシンプルですね。
そうですね。ポイントも足し算の時と同じになります。

ガイドさん

“◯-◯”と書きます。

2ひく1を、Pythonでは”2-1″と書きます。-の符号を使った、直感的に理解できるカタチですね。

それぞれの演算にはもっぱら

加算は +
減算は −
乗算は ×
除算は ÷

の記号が用いられる。by.Wikipedia

Wikipediaの四則演算の説明にも、引き算には-を使うものなんですと書いてあります。”◯-◯”と書くのは、自然に受け入れられるでしょう。

イコールは不要です。

普段の生活で引き算を行うときは、”2-1=”と書いて、計算しますよね。また、Excelを使う人なら、Excelに”=2-1″と打ち込んで、計算するはずです。

Pythonでは、このイコールは書く必要がありません。イコールを書くと、逆にエラーとなってしまいます。実際に試してみましたが、エラーとなって返ってきました。

1行に書きましょう。

Pythonのコードは行を変えると、意味が変わってきます。引き算のようなシンプルなコードでも、行を変えてしまうと、うまく計算できなくなります。

こちらも”2-1″で試してみましたが、しっかりエラーとなって返ってきましたね。ちょっとした、誤表記で全て動かなくなるので、気配りを忘れないようにしたいものです。

まとめ

京都たわを

引き算も簡単でした。よかったです。安心しました。Pythonて簡単なのかな?
Python自体はシンプルかもしれませんが、組み合わせをどう考えるかが大切になってきそうです!まだまだ学ぶべきことはたくさんありますよ。過去の解説記事も参考にどうぞ。

ガイドさん

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください