文系ですが、人工知能はじめました。

水槽のリセット開始!ロタラたちを水槽の外へ避難【ロタラの森レイアウトpart8】

どうもお疲れ様です。

京タワヲです。


なにかと京都は説教くさい。

ふらふらと散歩してるだけで、教訓というか、名言というか、、

「「ぉっ…」と思う短文」に出会います。

鞭で教えるのが教

抱いて育てるのが育

それが教育です

うーん、なるほど。育てるには厳しさと愛を待って接しなさいと。いいたいのかな?

よく聞くようなことを、それっぽい感じの短文に仕上げれたものだなと思います。

けれども、こんなにシンプルなことを少し気ぃつけようと考えさせられる。気づく。そんな町が京都なのです。


水槽のリセット開始!ロタラたちを水槽の外へ避難【ロタラの森レイアウトpart8】



さてさて、今回からリセット編スタートです!

リセット編とは、「水槽にあるものを全て取り出して、新たなレイアウトを…ごにゃごにゃごにゃ、、で、新しい水槽へ!」の流れを、少しずつ、分かりやすく、記事にします。


最近の水質改善のおかげで産卵したレッドチェリーシュリンプのエビママもびっくりなタイミングです。

「うち抱卵してるねんけど〜」言うてます。

まー、しかし、今しかない。

というのも、

  1. 水の調子がいい
  2. 水草の調子もいい
  3. 生体も調子がいい

結論.今リセットしても水槽の中の生き物に大打撃を与えるとは考えにくい。

そのはず、、はず!!

ロタラたちをソイルから引き抜きます。

まずは、水草を水槽の外へ避難します。

避難させる水草といっても、僕の60cm水槽でソイルに植えているのは、ロタラたちしかいません。

ミクロソリウム、モス、あぬびあすなな、は、流木もしくは木化石に活着させてますので、サクッと避難して終了です。

ロタラたちは4種類います。

グリーン、ロトンジフォリアピンク、spHRA、ナンセアンです。

赤系のロタラを上手く発色させれてないためか、ロトンジフォリアピンクとspHRAの見分けがつかなくなってしまいましたが…。

4ヶ月もアクアリウムやってたら、「もうどっちでもいいや」って感じです。

まずは左からロタラ二種を水槽の外へ避難します。


早速、ソイルから引っこ抜きました。

コツは…。

コツはありません。

どーしよーが、ロタラを引き抜くとソイルが舞って、水が濁ってしまいます。あまり神経質にはならないようにいきましょう。

写真の上の赤いやつがロタラロトンジフォリアピンク(spHRAも混じってる)、下の緑のやつがグリーンロタラですよ。

ひとまず、バケツに入れておいて、残りのロタラを避難しましょう。

残りのロタラ二種を水槽の外へ避難します。


続きまして、残りのspHRAとナンセアンを引っこ抜きました。バケツをいっぱい持っているわけではないので、お風呂から桶を拝借してきました。

水槽の水は少し濁りめってくらいです。さすがに極ドロドロにはなってませんね。あっさり醤油スープくらいの透明度を保ちつつ作業できてます。

やはり、エビママのことを考えると、できるだけソイルを舞わせたくない。


て、言ってくれてたら、嬉しいなぁ。抱卵中にリセットは少し申し訳ないですからな。

しかし、この「ありがとう」の連発には狂気を感じる。

さてはて、話を戻します。

ナンセアンは先端の葉っぱに藍藻がついてますね。差し戻しするときに、除去するか考えましょうか。

ロタラたちの避難完了!


ソイルから引っこ抜いて避難したロタラたちは、胴のあたりをウールマットで括りバケツへと放り込みました。

胴って擬人化してしまうと分かりにくいですね。「ロタラの胴=下の根から10センチメートルくらい上に上った場所」になります。

ウールマットで括っておくことで、後に行う差し戻し作業までに、これ以上、ロタラの種類が混在しないようにします。

これで、水草の避難は完了です。

最後に水草のない水槽の様子。


水草も何もない水槽となりました。今あるものは、ソイルと砂とミクロソリウムの端くれのみ。

あと、エビちゃんと貝。

いやー、これでは全く癒されないなぁ。

以上、お疲れ様でした。

京タワヲでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

2 Comments

T.I

初めまして^ ^
いつも楽しくブログを拝見させていただいております!

リセットされてるようですが、とても綺麗な水槽なのでもったいないっと思いつつもすごく楽しみにしております(笑)
また更新楽しみにしてます^ ^

返信する
京タワヲ

コメント&いつも記事を読んでいただいて有難うございます!
前回の流木レイアウトが初アクアということもあって、
思い入れもあったので綺麗って思っていただけたのは嬉しいですね。
惜しい気持ちもありますが、60㎝水槽1つっていう制約の中で、
いろんな水景にチャレンジしていきたいなーって思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください