文系ですが、人工知能はじめました。

流木に活着したウィローモスを回収。リセットまで育てる?捨てる?【ロタラの森立ち上げpart4】

おつかれさまです。

京タワヲです。


流木(大)に活着したウィローモスを回収します!



アクアリウムを初めて4ヶ月目。

最初から水槽に入れていた流木(大)ですが、ウィローモスがガッチリと活着し、さらに横へ縦へと触手を伸ばしました。

結果、見事なモス流木(大)に大変身!

なかなか上手くいかない事が多かった初水槽の中で、モス流木は輝かしい成果を出してくれました。

ありがたい。

巻きつけたコットン糸も溶けました。


ウィローモスを流木に巻きつけた当初は目立っていたコットン糸も溶けてどこへやら…??

コットン糸は本当に溶けるんです!バクテリアに分解されるらしいですね。

流木に活着させたウィローモスの種類は通常タイプです。線の形に長く伸びていきます。

一方、南米ウィローモスは三角形のクリスマスツリー型になっていきます。

モスを引っぺがして回収します。


リセット後もこの通常タイプのウィローモスを利用したいなーと思うので、流木からモスを回収していこうと思います。

モスを引っぺがしますよー!

ばりばりばりばり!

(と聴こえた気が、)

めりめりめりめり!

(と音がしたような、)


むにむにむに!

(などと声をあげて、)

いや…このような音は実際には出ません。

そんな派手な作業はアクアリウムには無いですな。いたって地味な作業です。

しかし、確実に活着していたんだ、と感じながら、ウィローモスが流木をつかんでいる手を引き外していきます。

これはシンプルに楽しいですね。

自分で築いたものを他人に壊されると悲しく腹がたつ。

自分で築いたものを自分で壊すには悲しみはなく、楽しみに満ちている。

京タワヲ

名言風にするとこんな感じ。

モス流木から全裸流木へ


モス流木からウィローモスを全て取り外し、つんつるてんにしてやりました。

全裸流木です。

買った時と同じ表情にもどったね。


回収したウィローモスは「水草その前に」に漬け込んで、リセット後にも使えるように下処理します。

最近、うちの水槽は、バクター100を入れてから確実に調子が上がって、コケや藍藻が減っていました。

けれども、ウィローモスを「水草その前に」に入れると、油膜が…。。

やっぱり油膜が出るのは、「水草その前に」の仕様??

まっ、安心できるのは間違いないのでこれからも、使いますけどもね。

隔離ケースでウィローモス育てる。

回収したウィローモスですが、リセット後も活躍いただきたいと思ってます。いまのところは。

モスと言えども、アクアショップで初購入した水草ですからね。思い入れのある。なんとか水景作りに活用して、引き継いでいきたい。

というわけで、捨てずに、隔離ケースで育てようかなと思います。


見映えは良く無いですな。隔離ケースは一時しのぎってことで。

ていうか、隔離ケースから取り出して、いっそ苔リウムで管理するか?!

アクアリスト  兼  苔リスト

悪くないな。

よし、東急ハンズ行こ。

 

以上、おつかれさまでした。

京タワヲでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください