AIとアクアリウム始めました。

水槽の隔離ケースに隠れ家プチ。水草レイアウトから石組みレイアウトへ変更。【アクアリウム】

こんにちは。こんばんは。

お疲れ様です。たわをです。


建仁寺です。

庭園をメンテする”苔リスト”の

おばちゃんがいてはりました。

この庭をアクアリウムにするならば…

親石をど真ん中に配置し、

親石の足元はモスを敷き詰める。

中央が高くなるよう底砂を敷く。

いやいや、底砂は時間が経つにつれ、

地面と平らになるように移動する。

それに、底砂を厚く敷くと、

砂の中の水の循環が悪い。

底砂はやめて、中央はソイルか。

ソイルを小石で敷きわけして、

中央の盛り上がりを出すか。。

はい!

建仁寺の天井に描かれた双龍とともに

アクアリスト歴4ヶ月目突入です。

水槽の隔離ケースに隠れ家プチ。水草レイアウトから石組みレイアウトへ変更。【アクアリウム】


メタキューブ隔離レイアウト※で

水草レイアウトの主役となっていた

アヌビアスナナたち。

※メタキューブMA5という隔離ケース(水槽の縁に引っ掛けて水槽内にグレープフルーツ大ほどの隔離空間を作れる。)の中のレイアウトのこと

ナナちゃんにコケが出てきたので、

隔離ケースから水槽へと移動しました。


そのため、

隔離ケース内は木化石(小)が1つ。

「昼間は隠れることが仕事!」

と言えなくもないロックシュリンプの

ロック主任も驚きのルーメン状態です。

ていうーかー、

アクアショップで餌をはむはむしてた

君はどこに行った??


ミニ流木と木化石(小)による

プチ石組みレイアウト隔離ケース。

完成!

水草の緑色が無くても

水景がサッパリして

見やすいなぁ。

かっこいい!


コンセプト(考え方)は、

「流木と浮き草の根で、

縦の高さを演出する。」です。

流木のすらっと伸びる枝と、

浮き草のすらっと伸びる根を、

対にしています。

浮き草は水流で動き回るので、

見るたび雰囲気は多少変わりますが、

やりたかったのは、

「縦の奥行き(?)」

隔離ケースという狭い空間で

高さを表現することですね。

隠れ家もちゃんと作ってますよ!

生体第一主義ですので。
と、ここまでは順調だったんですが、

翌日に悲しい出来事が起こりました。

隔離ケースレイアウトに用いた石

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください