AIとアクアリウム始めました。

死にかけのロックシュリンプ!隔離ケースで餌付け成功なるか【メタキューブ】

こんにちは。たわをです。

私の60cm水槽には、1匹のロックシュリンプが住んでいます。

あだ名はロックさん。♂♀不明です。

ロックシュリンプは、水草や石についたコケを食べて暮らしていません。

自然界ではプランクトンを食べているそうです。

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビのようなコケ取り生体では無いんです。

しかし、私の水槽にはプランクトンはいません。

では、何を食べるのか?

そうです。

おでんです。

とくに練り物を好んで食べます。

あっ、すいません。

完全に間違えました。

正しくは、ひかりエビです。

これはヤマトヌマエビもレッドチェリーシュリンプも好んで食べています。

ですが、いつ見ても流木に隠れていて、ご飯を食べている気配の無いロックさん。

たとえ夜中に活動しているとしても、ひかりエビはヤマトヌマエビに全て食べ尽くされた後です。

このままでは死んでしまう!!

死なせたくない!

なもんで、ロックさんを隔離して餌付けし、元気な姿になるまで復活させます。

死にかけのロックシュリンプ!隔離ケースで餌付け成功なるか【メタキューブ】

隔離ケースのメタキューブを購入しました。

アヌビアスナナはロックシュリンプの隠れ家用です。

ここにコケが発生したらヤマトも1匹導入するか。

ロックシュリンプ隔離の裏の狙い

今回の隔離は、ひかりエビを与えたヤマトヌマエビがコケを取らなくなりだしたことも関係してます。

コケを取らないヤマトヌマエビはただのエビ!!

ヤマトヌマエビには、元のように、コケ取りの仕事に復帰してもらいたいですね。

ロックさんを隔離することで、ヤマトヌマエビの断エサにもなります。

まさに、一石二鳥です。

隔離ケースにエサを与えてみる。


それでは餌付けしていきましょう。

ロックさんは夜中に動き回っているようなので、LED消灯予定時刻の0時前にエサを投入します。

食べたか食べてないか分かるように、手前の木化石(小)の上に、ひかりエビをばら撒きました。

さーて、、ひかりエビは無くなるかなぁ!?


エサ無くなってる!

てことは、食べてる!

隔離は間違ってなかった。

よかったぁーー🍢🍢🍢🍢🍢


いやっ、、でも待てよ…

隔離ケースのメッシュ部分にヤマトヌマエビが集結してたぞ。

もしかしたら、ヤマトヌマエビがめちゃくちゃ頑張って、ひかりエビを食べたのか?!

いやいや、石の上は無理やろ…

もう一度、エサを与えてみた。


再度、実験します。

同じように、0時前にひかりエビを隔離ケースにばら撒いてと。

さーて、これでどうなるか!

やっぱりエサ無くなった。

食べてますね。

これは確実に!

よかった、よかった。

このまま、隔離を続けてロックさんの元気を取り戻していきたいと思います。

結論:ロックシュリンプは隔離すると初日から餌付け出来る。


ちなみに、夜中に隔離ケースを覗くと、ロックさんはメッシュにつかまってました。

水流のある方向に向いて、エサを待っているんでしょうねぇ。

でも、エサは流れてこないから、いつか諦めて床のエサを拾っていると。

ロックさんは順調に育てば、今の倍ほどの大きさ(10cm)くらいにはなるはずです。

当分は隔離ケースで育てて、初めて脱皮するタイミングで元に戻すかの検討をしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください